close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

夏休み、子どもにイライラしないコツがあったんです!

2017.08.07

夏休み真っ盛り! 子どもが毎日おうちにいるだけでイライラ、カリカリ……。ちょっとしたことで怒ってしまい、後で後悔したり、ぐったりしちゃう、なんてことはありませんか? 

たとえば、こんなシーン。

子どもがなかなか宿題をやろうとせずに「早くやりなさい!」と何度も言っても、いつまでも取りかからなくてイライラ……。

アンガーマネジメントアドバイザーの嶋津良智先生によると……。

「たとえ子どもでも、他者を自分の思うように動かすことはできないんです!」とのこと。

子どもが自ら動くようにするには、子どもと話し合ったうえに、宿題のやり方を子ども自身に決めさせるといいでしょうたとえば、宿題が終わるまでは遊びに行かない、遊びに行っても夕食前には必ず宿題を終わらせるなどルール決めを自分でさせるのです」

こうすることで、子どもが「自分で決めた」感覚があると、それを守ろうという意識が働くので、怒る機会が軽減します。

 

また、こんなシーンのときは……。

子どもが夕食前にお菓子を食べてしまい、食事をちゃんと食べなくて……。何度も「ごはんの前にお菓子はダメよ」と言っても言うことをきかず、つい怒ってしまう。

このケースでは……。

「たんにダメ、というのではなく、子どもと話し合ってルールを作りましょう。どうしても食事前にお菓子を食べたがるのなら〈お菓子を食べてもいいけど、ごはんもきちんと食べて。食べなかったら、○日間お菓子はあげません〉など、約束しましょう」

このようにきちんとルールを決めても、子どもがぐずるときはどうすればいい?

このときは、安易にお菓子をあげてはダメなんだそう。

子どもはぐずればお菓子がもらえると学習します。ルールをつくったら、親のほうもそれを守らせる覚悟が必要になるのです!」

親の言うことは、すぐには子どもには伝わらないもの。

まずは親が「子どもはそういうもの」と認識し、どーんと構えることも大切なんですね。

 

イラスト/フジモト ヒデト、文/編集部・井上
『オレンジページ』2017年8月17号より)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
9/7(火)~9/20(月・祝)

ブレンディ(R)の新しいラテ、ダイショーの鍋スープをプレゼント