close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

料理のおいしさ 旬次第

のきほん 【魚】

いか

するめいか ほたるいか やりいか

煮て、焼いて、揚げて、生で、さらに干したり、発酵させたりと、あらゆる調理法で食べられるいかは、日本の食生活に欠かせない食材のひとつ。種類はいろいろあり、日本近海でもっとも多くとれるのが「するめいか」で、大きさも値段も手ごろで使いやすい。別名「夏いか」と呼ばれるように、夏に多く出回る。体長が短くてほっそりとした「やりいか」は、身が薄く、上品な味わいが好まれる。また、春から初夏が旬の、体長5〜6cmの「ほたるいか」は、内臓ごと味わえるため、特有のこくがある。

選び方
胴に透明感があり、目が澄んで飛び出しているものが新鮮。

保存法
買ったその日に調理をしない場合は、すぐ内臓を出し、足を切り分ける。ラップで包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫で2日、冷凍庫で2週間ほど保存可能。

SHARE

旬に食べたいいかレシピはこちら!

のきほん 【魚】

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す