close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

料理のおいしさ 下ごしらえ次第

下ごしらえのきほん 【加工品】

そうめんをゆでる

そうめんをゆでる〜鍋にそうめんをくっつかないようにパラパラとほぐしながら入れる

そうめんはたっぷりの熱湯でゆでるのが基本。まず、口径の大きい鍋に湯を沸かし、そうめんをくっつかないようにパラパラとほぐしながら入れる。そうめん100gに対して、湯の量は1リットル程度が目安。湯が少ないと、加熱むらができるので注意する。沸騰した状態を保ちながら、袋の表示時間どおりにゆで、ざるに上げる。すぐに冷水でもみ洗いして表面のぬめりを取り、氷水にさらして麺をしめる。

 

差し水(びっくり水)。そうめんの吹きこぼれを防ぐ

なお、レシピによってはゆでている途中に少量の水を加える場合がある。沸騰して水面が一気に上がったところに少量の水を加えることで、水面が一時的に下がって、鍋から湯が吹きこぼれるのを防ぐことができる。ちなみにこの水を加える動作を、差し水、またはびっくり水と呼ぶこともある。

SHARE

食べ方いろいろ♪ そうめんの人気レシピはこちら!

下ごしらえのきほん 【加工品】

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す