close

レシピ検索 レシピ検索
このひとつであれもこれも。ブリキのパウンド型があったなら

卵とバターを使わなくても濃厚! チョコバナナケーキを作ってみよう

2023.02.01

みんな大好き、チョコバナナケーキ。
ココア生地とバナナの、香り高く濃厚な味わいが人気です。
今回は、卵とバターを使わないレシピをご紹介! もしかしたら「それ、おいしいの?」と思うかたが、いらっしゃるかもしれません。じつは私も、ちょっとだけ思ってました。なんかテンション上がらないなー……、って(先生、スミマセン!)。

そんな、疑い深い私の思い込みが、吹っ飛んだレシピがこちら!

仕上げにレモンの皮を散らすと、香りよく華やかに。
作ってみた感想として、失敗しないために必要なのは「材料を買いそろえること」と「計量すること」だけでした。そこまでできたら、あとは完成したも同然。
いや、ほんとに。
冗談ぬきで。
計量からオーブンに放り込むまで、30分ほどしかかからず、お菓子作り初心者の私でも、失敗しようがないくらい、簡単なのです!

粉類とそれ以外を、それぞれよく混ぜてから、最後に混ぜ合わせれば生地の完成。

実感としては、バターを使わないってラクなんだな~ってこと。
まず、室温に戻す手間がなくてラク。
重たい生地を練り混ぜる工程がないから、手が疲れなくてラク。
あと、道具がベタつかないので洗いものがとてもラク!
何よりもうれしいのが、おいしくて満足感があるのに、なんだか胃腸が軽くて体がラクな気がするのです。

このきりっとしたエッジを見て! 
この美しい焼き上がりを目指すなら、オレンジページオリジナルの「ブリキのパウンド型 18cm」を、使ってくださいね。

通常の約10倍の厚みのメッキコーティングを施した、熱伝導率のよさが自慢です。

今回、レシピを考案してくれた今井ようこ先生からも「この型は、熱のまわりがよくて、きれいにふくらみますね」と太鼓判をいただいています\(^o^)/

「卵・バターを使わないチョコバナナケーキ」のレシピはこちら

\レシピ動画も公開中/


『ブリキのパウンド型があったなら』一覧ページへ>>
profile
松永製作所
1953年創業。精密機械の部品製造からスタートし、その技術を生かして2008 年ごろから本格的に始動したお菓子型が、国内外から高い評価を受ける。
『ブリキのパウンド型18cm』商品詳細はこちら>>

料理/今井ようこ 撮影/邑口京一郎 スタイリング/しのざきたかこ 動画編集/川端浩湖 文/通販担当ヒラオ

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
6/18~7/8

AURO by Boden ワックスシート/スプレープレゼント

  • #暮らし

Check!