close

レシピ検索 レシピ検索
編集部

短時間で作るドライオレンジ【レシピ】

皆様こんにちは。

今回は短時間で作るドライオレンジのレシピを紹介します。

ドライオレンジといえば通常では作ると1日がかりになるのですが、このレシピではなんと数時間で作ることができるんです!

このレシピでは国産ブラッドオレンジを使用しています。
ブラッドオレンジは種が少なく実がほどよく硬くて煮ても崩れにくい点でドライオレンジにおすすめです。
ネーブルオレンジ等ほかの種類の柑橘類(国産推奨!)にも応用できるのでぜひ参考にしていただけたらと思います。

【ドライブラッドオレンジのレシピ】


材料:
◎ブラッドオレンジ 500g
◎グラニュー糖 500g
◎水 300mL

①ブラッドオレンジを手で回しながら2本のつまようじを使ってブラッドオレンジにたくさん穴をあける(手で回して3周くらいが目安)。

ブラッドオレンジを計量して穴をあけています(作り方①)。
ブラッドオレンジを計量して穴をあけています(作り方①)。

②たくさんの水(分量外)を沸かし、ブラッドオレンジを2分半茹でてから冷水(分量外)に入れて冷ます。

③ブラッドオレンジを5mm幅にスライスする。

ブラッドオレンジを茹でてから冷水で冷まし、スライスする(作り方②③)。
ブラッドオレンジを茹でてから冷水で冷まし、スライスする(作り方②③)。

④鍋にスライスしたブラッドオレンジとグラニュー糖300gと水300mLを入れて弱中火で15分煮る(一度目の煮込み)。

⑤火を止めていったん冷めるまで1時間以上待ってから、グラニュー糖200gを追加して再度弱中火で20分煮る(二度目の煮込み)。

スライスしたブラッドオレンジを煮た後の写真(作り方④⑤)。
スライスしたブラッドオレンジを煮る前と二度煮た後の写真(作り方④⑤)。

⑥水分を切ってからクッキングシートに重ならないように並べ、100℃のオーブンで30分×4回加熱し乾燥させる。(合計2時間。30分ごとに表→裏→表→裏とひっくり返す。)
※オーブンは予熱なしでOK。
※焼く前や表裏を変える前にケーキクーラー等にいったん並べておくと早く乾きやすい。
※一度目に加熱した後は特にクッキングシートがびちょ濡れになるのでクッキングシートを新しいものに変える。

⑦お好みの硬さになったら完成。もし十分に乾いていなかったらまた裏返して100℃30分加熱する。

完成したドライブラッドオレンジ。
完成したドライブラッドオレンジ。

残った煮汁はブラッドオレンジシロップとして使えます。
炭酸水で割って飲んだり、ドレッシング作りにも。

ドライオレンジの副産物、煮汁もシロップとして使えます。
ドライオレンジの副産物、煮汁もシロップとして使えます。

以上、短時間で作れるドライオレンジ(ブラッドオレンジの場合)のレシピでした!
次回のブログもお楽しみに。

関連タグで他の記事を見る

名前はマヌルだけど中身は人生模索中&自分磨き中のアラサー人間。家族と自分の為にごはんを作っている料理好き。食材探しや食器探しも趣味です。生き物が大好きで多種多様なペットが家にいます。書道を10年くらい習っていたことがあり、有段者。プロフィール画像のイラストは私の手描きです。いつか顔も出したい。instagramはこちら。

ブログRANKING

BOOK オレンジページの本

ブログRANKING

読みものRANKING

SPECIAL

Check!