close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレペの中の人・山田の「さば缶の濃厚トマトパスタ」レシピ

2021.09.06

オレンジページのベテラン編集者たち

入社25年(つまり四半世紀)以上のベテラン料理編集者3人が「うちごはん」について気ままに、赤裸々に語るリレー連載。個人的好み全開のオリジナルレシピのおまけつき。

さば缶の濃厚トマトパスタ

vol.46

入社27年目 計量が苦手な山田の場合
『さば缶の濃厚トマトパスタ』

 

歳のせいか、最近スーパーでの「うっかりミス」が多くなってきました。自分でもびっくりしたのは、セルフレジでのおつりの取り忘れ。「お札の取り忘れがあります~。お心当たりのあるお客さま、いらっしゃいませんか~?」というお店の方の呼びかけにいったい何度ハッとしたことか……。恐らく「買い物は短時間で!」という気持ちが先走って、心ここにあらずなんですよね(汗)。数千円単位のおつりを取り忘れるなんて、困ったものです、は~~。

おつりの取り忘れだけでなく、しょっちゅうやらかしてしまう失敗といえば、買い忘れ。お米、卵、コーヒー、納豆……。在庫が切れてるから、絶対今日買わなければと思っていたものほど忘れてしまい、家に帰って愕然とすることが増えました(涙)。スーパーの売り場を巡回しながら、今日の晩ごはんのおかずや明日のお昼ごはんのメニューを思い浮かべ、なんなら頭の中でざっくり作り始めてしまうのが、買い物に集中できない原因かと(汗)。

こうしてスーパーに出かけると、いろいろなものを「忘れてしまう」うっかり者の私ですが、好奇心をくすぐられる商品を見つけたときは、 目にした瞬間速攻で買い物かごに入れ、忘れるひまなく買って帰ります。今回パスタに使ったさばのトマト煮缶は、そんな好奇心のおもむくままに、近所のスーパーでまとめ買いしたもの。正直そんなに「味」には期待していなかったんですが、さばのうまみがなじんだトマトソースが濃厚で、思いがけず何やらおいしいパスタが、あっという間にでき上がってしまいました(笑)。いや~、このさば缶はアタリだったな~! これは売り切れる前に、あるだけゲットしておいたほうがいいかも。忘れないうちに、さっそく買ってこようと思います。

 
  • 「トマト煮」「カレー」「ペペロンチーノ」のサバ缶

    「トマト煮」「カレー」「ペペロンチーノ」。それぞれ97円とお買い得な上に、売切御免のポップに心ひかれてまとめ買いした、さば缶3種。結構買い込んでしまいましたが、あると何かと便利なんですよね、魚缶って。何にも作りたくないけど、ちょっとしたお酒のつまみが欲しいってときなんかは、まさに「魚缶さまさま」。お世話になってます。

  • さば缶の濃厚トマトパスタ 材料(パセリ・ピーマン・にんにく・ミニトマト)

    早く使いきりたいと思っていたパセリ、冷蔵庫に1個だけ残っていたピーマンは、ざくざく刻んで香りと食感のアクセントに。にんにくはスライスしてたっぷり2かけ分。味に深みが出そう。フレッシュなミニトマトを加えれば、濃厚なトマトソースと合わせたときに味にメリハリがついておいしくなるのでは? そんなことをぐるぐる考えながら準備した野菜。今回は私の思惑どおり、それぞれの野菜がいい仕事をしてくれました。

オレぺの中の人のうちごはんレシピ

『さば缶の濃厚トマトパスタ』

さば缶の濃厚トマトパスタ

材料(2~3人分)

  • さばのトマト煮缶詰(150g入り) 2缶
  • タリアテッレ 200g
  • ピーマン 1個
  • ミニトマト 4個
  • にんにくの薄切り 2かけ分
  • パセリの粗いみじん切り ひとつかみ(だいたい50g)
  • 塩 オリーブオイル 粗びき黒こしょう

作り方

  1. ピーマンは縦半分に切ってへたと種を取り、粗く刻む。ミニトマトはへたを取り、縦半分に切る。タリアテッレは塩適宜を加えた熱湯で、袋の表示時間どおりにゆで始める。⇒パスタは幅広で味がからみやすいタリアテッレを使うのがおすすめですが、なければ普通のスパゲティでもOK。スパゲティを使う場合は、ちょっと太めのものを選ぶと味や食感のバランスがいいような気がします。
  2. フライパンにオリーブオイル大さじ1とにんにくを入れて中火にかけ、油が温まったらピーマンを加えてさっと炒める。さばを缶汁ごと加え、さらにパスタのゆで汁をおたまに半分くらい注ぎ入れて混ぜ、煮立ったら火を止める。⇒今回使ったさば缶の缶汁は、結構濃度があって、そのままではパスタにからみにくい気がしたので、ゆで汁を加えてのばしてみました。
  3. タリアテッレがゆで上がる直前に、2のフライパンを中火にかけ、ミニトマトとパセリを加えてさっと混ぜる。タリアテッレがゆで上がったら、ゆで汁をきってフライパンに加え、上下を返すようにして混ぜ合わせる。器に盛り、粗びき黒こしょうをたっぷりと散らす。⇒味が物足りない場合は、仕上げに塩適宜を加えて調整してください。さば缶の種類によっても味は変わるので、最後は自分の舌で確認し、自分好みに加減をするのがいいと思います。
山田かおり
Editor No.01 山田かおり(通称・山先輩)
大学卒業後、1994年にオレンジページに入社。料理にも編集にもまるで興味がなかったのに、オレンジページ編集部に配属。料理編集者の道を歩み始める。以来ずーっと料理企画を担当。料理編集者でありながら、計量と甘いものが苦手という変わりだね。プライベートではプロレスと酒をこよなく愛し、夫と愛猫1匹、リクガメ夫妻と暮らす。

山田のうちごはんレシピ、
こちらにもあります。

〜電子版限定〜
オレぺの中の人のうちの味・好きな味
検索できないレシピ 和食・おやつ

オレぺのレシピを世に送り出しつづけているベテラン料理編集者4人が、これまで出会ったレシピの中から好きなもの、忘れられないものを自ら作って、撮って、語ります。
各電子書籍ストアにて好評配信中!

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ