close

レシピ検索 レシピ検索
オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

栗原心平さん流 素材ひとつの【だけつまみ】ねぎのだしマリネ

2021.12.15

鍋には欠かせない、長ねぎ。冬になるとより太く、みずみずしくなりおいしいですよね。
定番の鍋でくったり煮込むのもいいですが、「長ねぎは焼くが正解!」と話すのは、料理家の栗原心平さん。
お酒好きの栗原さんに、おつまみになる長ねぎレシピを教わりました。

●ねぎのだしマリネ

材料(作りやすい分量)
ねぎの白い部分……3本分

〈マリネ液〉
 だし汁(かつお)……2/3カップ
 酢、砂糖……各大さじ2
 しょうゆ……大さじ1
 みりん……大さじ1/2
 塩……小さじ1/2

削り節適宜
サラダ油

【作り方】
1.ねぎを焼く
ねぎは長さ5㎝に切る。マリネ液の材料は混ぜ合わせておく。フライパンにサラダ油小さじ1を中火で熱し、ねぎを入れる。全体に焼き目をつけるようにころがしながら焼く(中心は半生でOK)。

2.マリネ液に漬ける
保存容器に1のねぎを並べ入れ、マリネ液を注ぐ。冷蔵庫で3時間~一晩漬け(保存容器に入れて冷蔵で3~4日保存可能)、器に盛って削り節をのせる。 
(1/4量で48kcal、塩分0.9g)


私は知りませんでした。今まで鍋の引き立て役だった長ねぎが、焼くことでここまで甘さが引き出されるなんて……。
休日に作っておいて、平日の晩酌にもおすすめですよ。
ねぎのだしマリネ、ぜひ作ってみて下さい!

(『オレンジページ』2021年12月17日号より) 

料理/栗原心平 撮影/寺澤太郎 スタイリング/遠藤文香 文/編集部・小笠原

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
2024/7/10-2024/7/30

不二貿易「キュピタ」プレゼント

  • #暮らし

Check!