close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

生ごみを土に返す「コンポスト」に注目が集まってます【くらし予報レポート】

2021.04.18

ごみの削減は、社会全体として取り組むべき課題のひとつ。その解決方法を探るなかで注目を集めているのがコンポストです。今回は、読者モニター「オレンジページメンバーズ」から、たくさんの意見が寄せられましたのでご紹介します!


◆「コンポスト」の認知度は66.9%

コンポストとは、生ごみや落ち葉などの有機物を、微生物の働きで発酵・分解し、堆肥にすること(またはその装置)です。

昨今、食の安全性や環境問題を考えるなかで、コンポストによる〈循環型社会〉が見直されているようです。
◆始めたきっかけは「生ごみを減らしたい」

「生ごみを減らしたい」が66.8%で 圧倒的な理由でした。ごみの削減以外では、「堆肥を手作りしたい」という意見が目立ちます。コンポストでは、微生物が生ごみを分解するときに生じる活動熱により、自然界よりスピーディーに堆肥化が進むそうです。

コンポストを利用中の人は全体の4.8%でしたが、自宅で家庭菜園をしている人では16.5%に達しました。

作物が生長する様子を間近で見られ、モチベーションがより高まるのかもしれませんね!


◆「楽しい」という声が続々!


コンポストを使ってみたら、

ごみの日まで待たずに処理できるので、においでいやな思いをせずにすみます」

「ごみを減らせて、30Lのごみ袋を使っていたのが、15Lの袋で足りるようになってうれしい!」

食べ物を使いきる大切さを実感したことと、花や作物を育てる楽しみ、ワクワクした気持ちを味わえています」

など、たくさんの声が寄せられました。


食品ロス削減や、生ごみを有効に使いたい! という思いをカタチにしてくれる「コンポスト」は、今後ますます注目を集めていきそうです。


コンポストの普及活動を行う、たいら由以子さんによると、「生ごみを堆肥にして土に返せば、安心・安全な野菜や果物を食べることができます。また、ごみの焼却処分にかかる費用や燃料、二酸化炭素の排出量を減らすことにもつながります。コンポストのしくみ自体は、日本で古くから伝承されてきたもの。昨今、食の安全や環境問題を考えるなかで、コンポストによる〈循環型社会〉が、あらためて見直されているのではないでしょうか」。


詳しくは、『オレンジページ』5/2日号(4/16発売)〈くらし予報レポート〉をご覧ください》

__________________________

オレンジページサロンWEB・コンポストトークをチェック⇒
【教えて!】みなさん、どんな「コンポスト」を使ってますか?


 また、オレンジページではSDGsの取り組みの一環として、社内でもコンポストを実践しています。

オレンジページサロンWEBでも「コンポスト活動記」をご紹介しています。ぜひご覧ください!



※「オレンジページサロンWEB」は、読者とオレンジページがいっしょになって、みなさんのくらしが豊かになる「ヒント」を考えていくwebコミュニティです。

文/くらしデザイン部
イラスト/松元真理子 

 

 

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
5/6(木)~5/17(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 美容