close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

【マンガ お気楽のヒント】人がほめられると、自分が劣っている気がして心がザワつきます……

2021.02.03




自分をいつも「評価のレンズ」越しに見ている状態です

 人がほめられると自分が劣っているように思うのは、自信のなさの表れ。でも、100%の自信を持っている人はいません。程度の差こそあれ、多くの人があなたと同じように感じています。だから、「引け目を感じるのはいけない」と、罪悪感を持たないでくださいね。

 ただ、家事や人柄、趣味、ファッションなど、人が何をほめられても落ち込むなら、「自分の心に目を向けていない」という問題があるかもしれませんね。何が好きで何が嫌いか、何が得意で何が不得意か、欲求をベースにした「自分にとって大切なこと」があいまい。だから、すべてに敏感に反応します。

 また、「料理や片づけがうまくできなくては」など、一般論で考える人ほど、自分をできる・できないの「評価のレンズ」越しに見てしまいがち。
どちらも、外からの声に気をとられるため、自分の評価を人にゆだねることになります。自信も育ちにくいでしょう。


「自分のテーマ」を決め、すこやかな自信を育てて

 そもそも、人に認められたい気持ちは、自分が自分を認めたい欲求から生まれます。それが本来の「自信」。自分を認めて自信を育てるには、好き嫌いの再確認が必須です。
「私は□□が好きじゃない」と認識し、「□□が苦手な自分でいいんだ」と肯定できれば、そのことで人がほめられても過剰反応しなくなるでしょう。比べる項目が減るぶんだけ、気も楽に。

 このように、好きなことや得意なことのなかから、「自分にとって大切なテーマ」を決めましょう。それは、「こう生きたい」という主体的な目標を持つことでもあります。もし、好きなことで人がほめられて引け目を感じたとしても、自分を高める原動力にしてしまいましょう!

 そして、これを機に、結果や優劣ではなく、自分なりに工夫したことや楽しい時間を持てたことなど、プロセスに焦点を当てる生き方をめざしてはいかがでしょうか。そうすれば、自分の成長を実感でき、自己信頼感が高まります。自分の評価を人にゆだねない、すこやかな自信もつくはずですよ。

監修/石原加受子 マンガ/今井久恵 構成・文/神坐陽子

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
11/30(火)~12/13(月)

あったかおでんや、おしゃれなスマートウォッチが当たる!