close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

新発見! もやし炒めをシャキッと仕上げる裏ワザ

2015.02.10

お得食材といえば、もやし! でも、炒めると水が出やすくて味が決まりにくかったり、シャキッとした食感をうまく残せなかったり、悩みも多い食材です。以前、「絶対ベチャッとしない! 絶品「もやしの塩炒め」の作り方」という記事でも、もやしの上手な炒め方を取り上げましたが、さらにバージョンアップした「絶対シャキッと!」仕上がるもやしの炒め方をご紹介します。

 

オレンジページ2015年2/17号』によると、もやし炒めを上手に仕上げるには、水分キープと加熱時間にそのカギがあるとか。さっそく順をおって解説します!

【ポイント1】もやしを「50℃の湯」に浸す!

最初は「水分キープ」の手順。耐熱のボールに50℃の湯をはり、もやしを入れてざっと混ぜ、全体を浸します。1分ほどおいてざるに上げ、水けをしっかりときりましょう。50℃はもやしが水分を吸収しやすい温度。この手順を踏むことで、もやしがたっぷりと水を吸って、シャキッと張りのある状態になります。50℃の湯は、熱湯:水道水=1:1が目安。水道水の温度は季節によって差がありますが、50℃前後になればOKです。

 

【ポイント2】オイルでもやしの表面をガード!

ポリ袋にもやしを入れてサラダ油を加え、袋をシャカシャカ振るようにしてもやしを動かし、油を全体にまぶします。もやし1袋(約200g)にサラダ油は小さじ1が適量。オイルでもやしの表面をコーティングすることで、加熱したときに熱が早く伝わり、水分が逃げるのを防ぎます。

 

【ポイント3 】1分以上の炒めは厳禁!

炒め時間は強火で約1分、が鉄則。フライパンの中でちょうどいい堅さまで炒めるのは「炒めすぎ」です。余熱でもどんどん火が通るので、少し生っぽいくらいで取り出しましょう!

 

これら3つのポイントを押さえれば、ご飯がすすむ「もやし炒め」が速攻でおいしく仕上がります。ぜひ試してみてくださいね!

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
7/27(火)~8/2(月)

【メンバーズプレゼント】バタークッキー、万能たれ、洗顔料をプレゼント

  • 健康
  • 美容
  • 暮らし