レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 食のプロがはまっている、そら豆のシンプルな食べ方
オレンジページ☆デイリー

2018.3.27

食のプロがはまっている、そら豆のシンプルな食べ方

「そら豆大好き!」「お店でそら豆あるとつい選んじゃう!」という、そら豆ファンのみなさん。塩ゆで以外にも、素材そのものの味が生きる、おいしーい食べ方があるのをご存じでしたか?

『オレンジページ』など雑誌や書籍、新聞などで活躍中の料理家、大庭英子先生。昔から大の空豆好きとのことですが、「じつは私、最近そら豆はゆでずに炒めて食べるのが好きなのよ」と、ちょっと意外な発言。

フライパンで生のままのそら豆を炒めると、ホクホクッとして、何とも魅力的な食感になるのだとか。「それはぜひ試してみたい!」ということで、さっそくレシピを教えていただきました。

色鮮やかでホックホク! そら豆のにんにく炒め

材料(2人分)
そら豆(さやつき) 10~12本(約500g、またはさやから出したもの150g)
にんにく 1かけ
赤唐辛子 1本
塩、こしょう 各少々
オリーブオイル 大さじ1

 

下ごしらえ

●そら豆はさやから出して皮をむく。皮は芽の出る部分(お歯黒とも呼ばれ、黒っぽくなっていることが多い)につめを入れて開くと、すっとむける。

●にんにくは横に薄切りにしてしんを取り除く。

作り方

1)にんにくをカリッと炒める

フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で炒める。にんにくが色よくカリッとしたら一度取り出す。

3)そら豆をさっと炒める

そら豆と赤唐辛子を入れて中火にし、30秒ほど炒める。塩、こしょうで味をととのえ、火を止めてにんにくを戻し入れ、ひと混ぜする。

 

なんというシンプルさ!これなら、今夜にでもすぐ試せそうですね~。おつまみにもピッタリ。「そら豆は塩ゆで一筋」という頑固なお父さんも、色鮮やかな美しさに、ついつい手を伸ばしそうな予感がします♪

皮を除くのはひと手間ですが、メリットがたくさん。食べやすさはもちろんのこと、調理時間が短くなり、味もよくなじみます。春先の柔らかい豆なら、たった30秒で火が通りますよ! 

一度食べたら「そら豆は炒める派」に変わってしまうくらい、やみつきになるおいしさ(^^)旬のそら豆が出回っている間に、ぜひお試しください。

 

料理/大庭英子、撮影/野口健志、文/編集部・谷本
(『オレンジページCooking 2018 春』オレンジページ刊より)

 

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ8/2号

オレンジページ8/2号

2018年7月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.8

おとなの健康 Vol.8

2018年7月14日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

ジュニア料理選手権

広告大賞発表

創刊33周年記念動画配信中!