close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページのベテラン編集者たち

入社25年(つまり四半世紀)以上のベテラン料理編集者3人が「うちごはん」について気ままに、赤裸々に語るリレー連載。個人的好み全開のオリジナルレシピのおまけつき。

『にらとたこのアツアツごま油ジュッ』

vol.37

入社27年目 計量が苦手な山田の場合
『にらとたこのアツアツごま油ジュッ』

 

今から十年以上前の話ですが、自分が知りたい、作りたいという欲望に従って、野菜のおつまみしか載っていないレシピ本を企画、編集したことがあります。本のタイトルはズバリ『今宵は野菜でほろ酔いおつまみ。』。当時ギリギリ三十代だった私はまだまだ元気ハツラツ。ほろ酔いではすまないレベルまで酔っぱらうことも多々あったわけでして、せめておつまみは免罪符的に「体にいいものを……」という不肖・山田の切なる思いが、全編に垣間見える一冊となっております(汗)。

レシピの考案をお願いしたのは、私が心から敬愛してやまない二大巨頭。一人は、長年教室に通い、中華料理を教わった佐藤幸男先生。もう一人は、私の料理編集者としての初仕事をご一緒させていただいた大庭英子先生。編集者としてはもちろんのこと、日々台所に立つ一家庭人としても、ただただビールが大好きな一酔っ払いとしても、大変勉強になる、ありがたいレシピをたくさん教えていただきました。撮影現場で事あるごとに「うまいっ!」とか「ひー、ビール飲みたい!」とか、うれしい悲鳴をあげまくっていたことを、今でも懐かしく思い出します。

半端に残った野菜をおいしく使い切るコツだったり、逆に鮮度のいいうちに一袋、一パック丸ごと使い切ってしまおうという大胆なアイディアだったり……。実はこの本、両先生の技がそこかしこに光り輝くおすすめレシピが満載で、「推し」を上げればキリがないんですけど、個人的に気づけばリピートしているお気に入りがいくつかあります。今回のあえものは、その筆頭。にら好き、たこ好き、ビール好きの私には、たまらない一品です。

生のにらに、多めの油で炒めたたこを油ごとジャーっとかけてあえるだけ。油をかけた瞬間に立ち上がるにらの香りが鮮烈で、食欲を刺激するんですよね~。もちろんビール欲も(笑)。大庭先生のレシピは、にらの風味が引き立つようにと、オリーブオイルを使い、味つけは塩、こしょうと極めてシンプルなんですが、のん兵衛の私はよりパンチのある味に仕上げるべく勝手にひと工夫。ごま油の香りと、オイスターソースのこくをプラスして、おつまみ度マシマシの味わいを楽しんでいます。五分もあればでき上がるので、速攻で乾杯! ほろ酔いになれるのが何よりうれしいんですよね、のん兵衛には。あ~、ビール飲みたいっ(笑)!

 
  • 『今宵は野菜でほろ酔いおつまみ。』書影

    こちらが編集を担当した『今宵は野菜でほろ酔いおつまみ。』。残念ながらすでに絶版になってしまいましたが、私にとってはとても大事な思い出の一冊です。野菜の個性を知って、上手に生かすコツを覚えておけば、複雑に手をかけなくてもおいしい料理ができることを、佐藤先生、大庭先生に存分に教えていただきました(役得)。

  • あえものをご飯に混ぜ込んで、半熟目玉焼きをのせたひと皿

    あえものをご飯に混ぜ込んで、半熟目玉焼きをのせたひと皿も結構気に入ってたりして……(笑)。混ぜご飯にするときは、オイスターソースの分量をちょっと多めにしたり、目玉焼きの上からナンプラーやしょうゆをかけて味をプラスしたり……。さらに気ままなアレンジを楽しんでます。

オレぺの中の人のうちごはんレシピ

『にらとたこのアツアツごま油ジュッ』

『にらとたこのアツアツごま油ジュッ』と、ビール

材料(作りやすい分量)

  • にら 1束(100gくらい)
  • ゆでたこの足 100gくらい
  • オイスターソース 小さじ1くらい
  • ごま油 大さじ2
  • 塩、こしょう 各適宜

作り方

  1. にらにオイスターソースを加えるにらは長さ3cmくらいに切る。たこは小さめの一口大にそぎ切りにする。ボールににらを入れ、オイスターソースを加える。⇒にらは根元の堅い部分はちょっと小さめに切ったりしてます。たこはにらとの食感のバランスを考えてそぎ切りにしてますが、ちょっと粗めに刻んでもおいしいかな~と思ったりします。まだ試してませんが(汗)。ちなみに、にらを入れるボールについては、熱い油を注ぐので、念のためステンレスや耐熱のガラスボールなどを使うようにしてください。
  2. たこをごま油で炒めるフライパンにごま油を中火で熱し、たこを加えてさっと炒め、塩、こしょうを加えて混ぜる。火を止めて、すぐにたこを油ごとにらのボールに加える。全体を混ぜ、器に盛る。にらとたこをボールであえる⇒お察しの方も多いと思いますが、アツアツの油をにらにかけ、即座に混ぜるのがポイント。油の熱でにらがほどよくしんなりして、絶妙の食感に仕上がります。ちなみに私は、ソーセージやちくわを焼くときにも重宝している卵焼き器でたこを炒めてますが、もちろん普通のフライパンを使ってもらってノープロブレム。たこにあんまり水けがついていると油がはねるのでそこだけ注意してくださいね。
山田かおり
Editor No.01 山田かおり(通称・山先輩)
大学卒業後、1994年にオレンジページに入社。料理にも編集にもまるで興味がなかったのに、オレンジページ編集部に配属。料理編集者の道を歩み始める。以来ずーっと料理企画を担当。料理編集者でありながら、計量と甘いものが苦手という変わりだね。プライベートではプロレスと酒をこよなく愛し、夫と愛猫1匹、リクガメ夫妻と暮らす。

山田のうちごはんレシピ、
こちらにもあります。

〜電子版限定〜
オレぺの中の人のうちの味・好きな味
検索できないレシピ 和食・おやつ

オレぺのレシピを世に送り出しつづけているベテラン料理編集者4人が、これまで出会ったレシピの中から好きなもの、忘れられないものを自ら作って、撮って、語ります。
各電子書籍ストアにて好評配信中!

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
9/7(火)~9/20(月・祝)

ブレンディ(R)の新しいラテ、ダイショーの鍋スープをプレゼント