close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

ドイツ風ピザ「フラムクーヘン」が、「春巻きの皮」で作れるらしい。

2016.04.05

最近、専門店などもできて注目をあびている「フラムクーヘン」。ドイツの郷土料理であるこのメニューが、なんと「春巻きの皮」でおうちで簡単に再現できるんです!


お初にお耳にするかたのために、まずはフラムクーヘンのお話をひとつ。

ドイツとフランスの国境地域(アルザス地方ですね)で生まれた郷土料理。窯の炎で焼いたので、ドイツでは「フラムクーヘン(炎の菓子)」、フランスではタルトフランベ(炎のタルト)」と呼ばれています。

本場では、小麦粉から作るごくごく薄~いピザ生地と、くどさのないフレッシュチーズや発酵クリームで作られ、軽食メニューとして愛されているメニュー。

 

ドイツ風の「ピザ」といえども、通常のピザのように、ボリュームのある具や、とろーりチーズは使わず、あくまでも軽やか。

その「フラムクーヘン」に限りなく近いものを、「春巻きの皮」で作れるんですよ~というのが本日のお話(やっと本題です)。

フラムクーヘンを作るのに大切なのは、「生地」「ソース」。より本物に近づけるため、こんな工夫をします!

 

【パリパリ食感の生地】

 ⇒ 皮の「3枚重ね」ワザで再現!

春巻きの皮を、3枚重ねたままはがして使います。1枚や2枚じゃだめなのです! 薄すぎて物足りず、パリパリになりすぎます(歯茎に刺さって痛い)。3枚だと、ソースを塗ったところがもっちりとして、周囲がほどよくパリパリに!

 


【軽やかなさっぱり系ソース】

  ⇒ 酸味のある「サワークリーム」を使う!
本場のチーズやクリームは手に入りにくいので、サワークリームで代用。そのままだとちょっと塗りにくいので、牛乳を少し加えてのばすとGOOD。サワークリームが見当たらない場合は、水切りヨーグルトでも◎!

 

準備ができたら、生地にソースを塗って、

具を散らして……

オーブンでこんがり焼くだけで完成!

本場で定番の「ベーコン&オニオン」はこんな感じ。

ドイツビールや白ワインのおともにぜひ!

甘酸っぱさがたまらない、デザート系も絶品。


朝食や、おやつにもぴったり。どこかおしゃれで、パリッもちっとした食感に、みんなやみつきになるはず。 ぜひ、おうちでドイツ気分を味わってください~!

 

料理/大島菊枝、撮影/三村健二、文/編集部・馬場
(『オレンジページ』2016年4月17日号より)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ