close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

持ち寄りフードに困ったら、バゲットに「詰める」といいらしい。

2016.03.17

おもてなしや、持ち寄りパーティーで活躍する「バゲット」。気軽にパクッとつまめるのがいいところですよね。ディップをつけたり、サラダをのせたりするのが主流の食べ方ですが、今、それに待ったをかけるニューフェイスが現れたのをご存知ですか?


その名も……

「スタッフドバゲット」!!

「スタッフド」=「詰める」の名のとおり、バゲットの真ん中に具(ポテサラ)がみっちり詰まってます。パッと見、ふつうのバゲットかと思いきや、具が入ってたなんてうれしすぎるサプライズ。


ではでは、バゲットのくり抜き方と詰め方を。

なんとシュールな画。殺パン事件です。バゲットの両端を切ったら、パン切りナイフでぐるりと一周させます。反対側からも同様に。

そうするとこんな感じでブハッ……、とは出てきません。手で引っこ抜きます。
※やりづらかったら、思い切って長さを半分にしちゃってください。大丈夫、スライスして食べるので最終的には同じです~。
 

 

あとは具を詰めて詰めて詰めまくる! 自然に入れば良いですが、つっかかって奥まで入らない場合はめん棒で押します。目指すは、切った断面が美しい「みっちり」詰まった仕上がり。


具はしょっぱいのも甘いのも、冷たいのもあったかいのもおいしいんです。

いちごのアイスバゲットは、大人も子どもも大喜び間違いなし! シューアイスみたいな食感が最高です。


チーズ入りバゲットを、食べる直前にオーブンで温めると、とろ~り! う~ん、そそります。


いろいろ作って並べたら、カラフル~美しい~楽しい~。

 

新しい出会いとともに人が集まる機会が増える春。持ち寄りフードには、気のきいた「スタッフドバゲット」をぜひチョイスしてみてください♪


料理/しらいし やすこ、撮影/寺澤太郎、文/編集部・渥美

(『オレンジページ』2016年4月2日号より)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ