close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

ハロウィーンのかぼちゃランタン、彫ってみる?

2015.10.12

10月に入り、街はいよいよハロウィーンムード。

お店のディスプレイも華やぎ、かぼちゃやおばけ、魔女モチーフが目につきます。

そんな中、「ハロウィーンをおうちで楽しみたい!」という人も年々増えているよう。

市販のグッズもいろいろ出ていますが、今年はハロウィーンかぼちゃを手に入れ、ジャック・オ・ランタンを手作りするのはいかがでしょう?

 

 

材料は、生花店や園芸店、ホームセンターなどに出回る観賞用のかぼちゃ。「ハロウィーンかぼちゃ」「おもちゃかぼちゃ」などとも呼ばれます。食べられませんが、柔らかくて彫りやすいのが特徴。直径15~18cmのものが扱いやすいです。(※ここでは食用かぼちゃの「コリンキー」という品種を使用しています)

 

まずは黒い紙に好きな顔を描いて切り、かぼちゃにテープで貼り付けましょう。

 

 

この貼った黒い紙をガイドにして顔を彫るのですが、いったん彫ると3日ほどで切り口からいたんでくるので、ハロウィーンの直前に彫るのがおすすめ。それまでは、紙を貼った状態で飾っておくと、長い期間楽しめます。

 

 

種と果肉をくり抜いてから顔を彫ります。詳しい作り方は、オレンジページ10/17号』を見てくださいね。

 

 

中には、ティーキャンドル形のLEDライトを入れて。部屋の電気を消すと、ん~いい感じ!

 

ちょっとこわい顔やおちゃめな顔……。好きな顔を彫ってみてください。ただし、シンプルなデザインのほうが彫りやすいですよ。

わが家でも、今年の飾り付けは、この手作りランタンでバッチリ決めたいと思います!

 

(編集部・和田)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ