close

レシピ検索 レシピ検索
オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

おうちハロウィンを楽しむなら!【ジャック・オ・ランタン】、彫ってみる?

2015.10.12

10月に入り、街はいよいよハロウィンムード。お店のディスプレイも華やぎ、かぼちゃやおばけ、魔女モチーフが目につきます。そんな中「ハロウィンをおうちで楽しみたい!」という人も年々増えているよう。市販のグッズもいろいろ出ていますが、今年はハロウィンかぼちゃを手に入れ、ジャック・オ・ランタンを手作りするのはいかがでしょう?

 

 ジャック・オ・ランタン(おばけかぼちゃ)の作り方

【材料】
ハロウィーン用かぼちゃ(下記参照) 
黒い紙(折り紙など) 
両面テープ  彫刻刀(またはカッターナイフ) 
包丁 スプーン(大きめでしっかりしたもの) 果物ナイフ(または段ボールカッター)
LEDキャンドルライト(下記参照)



使うのは、生花店や園芸店、ホームセンターなどに出回る観賞用のかぼちゃ。「ハロウィンかぼちゃ」「おもちゃかぼちゃ」などとも呼ばれます。食べられませんが、柔らかくて彫りやすいのが特徴。直径15~18cmのものが扱いやすいです。(※ここでは食用かぼちゃの「コリンキー」という品種を使用しています)


【本番直前までは紙を貼ったまま飾って】 
 かぼちゃはいったん彫ると、3日ほどで切り口からいたんでくるので、ハロウィーン直前に彫るのがおすすめ。それまでは、下記の作り方(1)の黒い紙を貼った状態で飾っておくと、長く楽しめます!

(1)かぼちゃに顔をつけ、切り込みを入れる

 黒い紙にかぼちゃの大きさに合わせて好きな顔を描き、切り取る。両面テープをつけて口、鼻、目の順にかぼちゃに貼る。かぼちゃの下部を切り分けるので、口の位置を下にしすぎないように注意。彫刻刀やカッターナイフで黒い紙の輪郭線に沿ってかぼちゃに切り込みを入れ、彫るときの印をつける。つけたら紙をはずす。


(2)上下に 切り分け、種と果肉をくりぬく

顔を上に向けてまな板にのせ、口の下を1㎝以上あけて、包丁で切り分ける(底がぐらぐらする場合は、先に底を少し切って安定させる)。 スプーンでわたと種を取り除く。さらに全体の厚みが1〜2㎝になるまで、かぼちゃの内側の果肉をスプーンで削り取る。切り離した下部のわたも取り、キャンドルをのせやすいように平らに削る。

(3)目、鼻、口を 彫り、キャンドル ライトを入れる

果物ナイフで、顔の印の線を少しずつ深く切り込む。切り離したパーツは、かぼちゃの内側から指で押し出す。面積の広い口は、三角や四角のブロックに分けて少しずつ彫るとやりやすい。LEDライトを点灯させて、かぼちゃの下部に置き、上部をそっとかぶせれば完成!



 中には、ティーキャンドル形のLEDライトを入れて。部屋の電気を消すと、ん~いい感じ!
ちょっとこわい顔やおちゃめな顔……。好きな顔を彫ってみて。ただしシンプルなデザインのほうが彫りやすいですよ。わが家でも、今年の飾り付けは、この手作りランタンでバッチリ決めたいと思います♪

(2015オレンジページ10/17号より)

【関連記事】

ここは高級洋菓子店……? セブンの「かぼちゃプリン」のクオリティーが高すぎる!【スイーツハンター伊藤が行く!】

監修・製作/小野裕子 撮影/高杉純 文/編集部・和田

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

Check!