close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

【偏愛!ガチ推しレシピ】こくうま鶏マヨ

2020.04.16

最新号の特集担当が、おのれの舌をしびれさせたレシピをガチで推す! その偏愛っぷりと共にぜひお試しを。

 

不要な下ごしらえ、一切いたしません!

2020年、「時間をかける=おいしい」の定義は、音を立てて崩れ落ちようとしている。

これは、革命的な超時短レシピの話である。
忙しく追われる日々で、毎日のごはん作りもついに限界の時代に突入した。その危機的な料理現場の穴埋めに現れたのが、「下ごしらえほぼ0秒」すなわち超時短レシピである。

例えばこのレシピ、肉の下処理を嫌い、下味を嫌い、揚げ油の予熱を嫌い、圧倒的な時間の短縮と、絶対的なおいしさだけがこのレシピの武器だ。

鶏のから揚げのマヨソースあえ、またの名を「こくうま鶏マヨ」。

写真:こくうま鶏マヨ「絶対、失敗しないので。」

 

ガチ推しポイント!

【その1】
「肉の下処理……」「いたしません!」

肉を切る、余分な脂肪を取る、の下処理はいっさいナシ。パックからすぐにフライパンに肉を放り込めて、超絶スピーディ。

 

【その2】
「下味つけ……」「いたしません!」

まず下味をつけて……は、もうやめ。下味なしで、ころもは粉オンリー。しかも、フライパンの中でつけちゃう。カリッと揚げて、濃いめのたれをからめれば、それで充分。

 

【その3】
「揚げ油の予熱……」「いたしません!」

忙しいときにじれったい、たっぷりの揚げ油を熱する時間。フライパンの中で肉にころもをつけたら、大さじ3の油をかけて着火! これだけでカリカリの「鶏から」になるんです。

 

失敗しないレシピはこちら

【こくうま鶏マヨ】

▼材料(2人分)

鶏もも肉(から揚げ用) 8切れ(約300g)
水菜のざく切り 1株分(約50g)
〈マヨソース〉
 ┏ マヨネーズ 大さじ2
 ┣ しょうゆ  小さじ1~1と1/2
 ┣ はちみつ  小さじ1
 ┗ 塩 小さじ1/4
小麦粉 サラダ油

▼作り方

1.フライパンの中で鶏肉に粉をまぶす

フライパンの中で鶏肉に粉をまぶす

耐熱のボールにマヨソースの材料を混ぜる。フライパンに小麦粉大さじ1を広げて鶏肉を加え、ころがしながらしっかりとまぶす。

2.油を加えて火にかける

【1】にサラダ油大さじ3を回し入れて中火にかけ、3~4分揚げ焼きにする。鶏肉を裏返して3分ほど揚げ焼きにし、ふたをして弱火にする。1分ほど蒸し揚げにし、ふたを取って強火にし、カリッとするまで20秒ほど揚げ焼きにする。油をきり、マヨソースに加えてからめ、器に水菜を広げて鶏マヨを盛る。

 

えびマヨならぬ「鶏マヨ」が最速で完成。てりっとした見た目と、しょうゆ入りの甘めのマヨソースがそそります! 

 

料理/武蔵裕子 撮影/木村 拓(東京料理写真) 文/編集部・馬場

『オレンジページ』2020年5月2日号より)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
9/7(火)~9/20(月・祝)

ブレンディ(R)の新しいラテ、ダイショーの鍋スープをプレゼント