close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

揚げ鍋の前に立つ時間をゼロに! 残暑にぴったり、揚げものができる「ノンフライオーブン」

2015.08.20

そろそろ8月も終わりに近づくころ。とはいえ、まだまだ暑い日が続いていますね。こんな気温だと、コンロの前で立ち尽くし、熱い揚げ鍋と格闘するような調理は避けたいもの。でも、カリッとジューシーな揚げものは食べたい!

そんな需要に応えてくれる話題の家電、それが「ノンフライオーブン」です。


見た目はオーブントースターに近く、サイズはトースターよりやや大きめ。庫内に高温熱風を循環させるファンがあり、これを使うことで、食材が持つ油脂が中からジュワッとあふれ、油を使わなくてもジューシーな揚げものができるんです!

 

使い方はとっても簡単。まず、油で揚げるときと同じように鶏肉に下味をつけ、焼く直前に小麦粉と片栗粉をまぶします。付属のトレー(油脂が落ちるので、これが重要!)に焼き網を重ね、その上にから揚げを並べて準備完了~。


庫内に入れてノンフライモードにし、温度と加熱時間をセット。

ここまでできたら、放置しちゃってOK!

ほったらかしておいても、焼き上がりの時間になればこのとおり~♪


外はカリッ! 中には肉汁が残っていてジューシーという、大満足の出来栄えに。

その上、油を使っていないからヘルシーで、「うちのお父さん、メタボが気になるから揚げものはちょっとねぇ」とか「この夏休み、旅行先で食べすぎちゃって……」なんて人にもおすすめです。

また、もっとも~っと手軽に作りたい場合には、市販のからあげ粉で作っても。実際にやってみたら、より表面がカリッと仕上がる印象でした。

 

暑い季節が終わっても、「ノンフライオーブン」ならオーブントースターのようにパンも焼けるし、グラタンを焼くことも可能。また、来月のシルバーウィークや秋冬のパーティシーンで使えるローストビーフなどのおもてなし料理もできる優れものです。

『オレンジページ 9/2号』では、「ノンフライオーブン」でできる他の揚げものや揚げもの以外のメニューを実際に作ってみて、調理工程や見た目、味を徹底検証しています。今大注目の家電の実力、ぜひチェックしてみてくださいね!

(編集部・稲垣)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ