close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

ヤセ菌が増える食材・納豆をのせたご飯

ヤセ菌が増えて、やせ体質に!
納豆を食べるレシピ

ヤセ菌を増やす水溶性食物繊維を多く含み、さらに善玉菌を増やす発酵食品としても優秀。ご飯にのせるだけでなく、さまざまな食べ方ができるので、毎日摂取してどんどんヤセ菌を増やして!そもそもヤセ菌って何?

納豆の食べやせポイント

  1. 注目の抗老化物質が豊富

    納豆の「ポリアミン」という抗老化物質は、成長ホルモンに似た働きがあり、血管を丈夫にして動脈硬化の予防に。

  2. 納豆菌は生きて腸に届く

    もともといる腸内の善玉菌が活性化し、お通じがよくなったり、栄養の吸収が高まります。

  3. ねばねばには美肌効果も!

    納豆のねばねばは「ポリグルタミン酸」というアミノ酸の一種。美肌効果が期待できます。

食べやせレシピ
毎日続けられる! 納豆ご飯

納豆がもともと持つ健康効果をさらに強化させながら、味も見た目もバラエティあふれる、魅惑の納豆ご飯をご紹介。その日の気分や体調に合わせて、選んでみて。
※納豆の分量は1人分約40g、ご飯の分量は1人分につき茶碗1杯分です。

めかぶ+大根おろしの納豆ご飯

納豆の粘りが抑えられて、つるりと食べられる!

胃腸のいたわりに! 
めかぶ+大根おろし

消化を助ける大根と、水溶性食物繊維を多く含むめかぶの組み合わせはヤセ菌の大好物です。胃腸の調子を整えるのにぴったり。

材料(2人分)と作り方

  1. 大根3cm(約150g)は皮をむいてすりおろし、水けをきる。温かいご飯にかるく混ぜた納豆2パック(たれは使わない)、水けをきっためかぶ(味のついていないもの)1パック、大根おろしを等分にのせ、ポン酢しょうゆ大さじ1を等分にかける。
    (1人分352kcal、塩分0.8g)

パプリカ+卵の納豆ご飯

とろ~り温泉卵が、たっぷりからんでたまらないおいしさ。

美肌効果も!
パプリカ+卵

パプリカで美肌効果のあるビタミンCを、卵で皮膚を丈夫にするビタミンAを加えれば、女性にうれしい納豆ご飯が完成。

材料(2人分)と作り方

  1. 赤パプリカ1/4個はへたと種を取り、横に薄切りにする。ボールに納豆2パック(たれは使わない)、オリーブオイル小さじ1を入れてよく混ぜ、パプリカを加えてさっと混ぜる。温かいご飯にのせ、温泉卵を1個ずつのせて、塩、粗びきこしょう各少々をふる。
    (1人分432kcal、塩分0.7g)

もっと知りたい!ヤセ菌が増えるご飯とおかず96品

「続けていたら体が軽くなった!」「お通じがよくなった」と喜びの声が続々! また「毎日食べつづけられるよう作りおきできるおかずが知りたい」というリクエストにおこたえするメニューもお届け。ヤセ菌を増やして、デブ菌を減らす効果的な食べ方もご紹介!

ヤセ菌で食べやせ 表紙

「いま」知りたいことが全部ある!
ヤセ菌で食べやせヤセ菌が増えるごはんとおかず96品。

詳細・購入はこちら

料理/新谷友里江 撮影/木村 拓(東京料理写真) スタイリング/佐々木カナコ 熱量・塩分計算/五戸美香(ナッツカンパニー)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ