close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

第10回ジュニア料理選手権受賞者決定

オレンジページと味の素㈱が共催する「ジュニア料理選手権」も、今年でついに10回目! 今回も、昨年同様オンライン開催でしたが、熱い思いがこもった作品がたくさん集まり、白熱したコンテストになりました。

記念すべき第10回!
今年もたくさんの応募がありました

2012年にスタートした「ジュニア料理選手権」。一昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、昨年からオンラインで復活! ついに今年、第10回を迎えました。今回の募集テーマは「がんばる人のチカラになるごはん」。家族や友達、暮らしを支えてくれる地域のかたがたなど、がんばっている人を力づける料理がたくさん集まりました。

さらにここ数年、健康やフードロス削減にも取り組んだ作品が多く見られます。「おいしい」だけでなく、「食の大切さ」を考え、向き合い、工夫を凝らした一品は、もうプロの域! 一次選考の書類審査から、審査は難航しました。そのなかから、「オリジナルレシピ部門」の中学生の部・高校生の部、各6作品が決定。11月3日に最終選考のプレゼンテーション審査が行われました。今年も画面越しのオンライン開催でしたが、ジュニアたちの熱い思いは審査員にしっかり伝わった様子。はたして、栄えあるグランプリはだれの手に!?

11/3 オンラインにて最終審査・授賞式

今年の特別審査員は、料理研究家・藤野嘉子さん、陸上競技選手・右代啓祐さん(中学生の部)、競泳選手・入江陵介さん(高校生の部)。慣れないオンライン審査会に、初めこそ緊張していたジュニアたちでしたが、いざ審査が始まると堂々と受け答えしていて、審査員一同驚いていました。授賞式後には、みごとグランプリを受賞した人も、惜しくも準グランプリ、優秀賞だった人も、お互いの健闘をたたえ、記念撮影を行いました。



料理を作って食べると、自分自身もいっしょに食べる人も幸せになります。みなさんの料理でまわりの人も幸せにしてあげてください。
料理家・藤野嘉子さん

だれかのため、未来のため、社会のために、思いをこめて料理を作れるっていうのは、とてもすごいこと。僕も見習いたいと思います。
競泳選手・入江陵介さん


思いがこめられた料理には、栄養だけじゃなく、気持ちの面でもパワーをもらえます。これからも素敵な料理を作りつづけてください。
陸上競技選手・右代啓祐さん

第3回グランプリ・井手永遠子さんも応援に駆けつけてくれました!

現在パティスリーで働く井手さん。最終審査を控えたジュニアたちに、ジュニア料理選手権OGとして、大会が貴重な経験となった実体験を語り、エールを送ってくれました。「料理の道に進む」という夢をかなえた先輩の話を聞き、ジュニアたちもいい刺激を受けたよう!

SHARE

記事検索


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
1/24~2/13

管理栄養士たちが栄養素を厳選して開発した「肌育ミスト」をプレゼント!

  • #美容