レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. じゃがいもよりいいかも!? つるーんもちもち【餅ニョッキ】にやみつき!
オレンジページ☆デイリー

2019.1.8

じゃがいもよりいいかも!? つるーんもちもち【餅ニョッキ】にやみつき!

年明け、よく食べるものといえば「餅」。毎日食べ続ける……なんてご家庭もあるのでは。でも、ご安心を! いつもの味に食べ飽きたとき、救ってくれるメニューが誕生しましたよー!!

それは……「餅ニョッキ」! 
じゃがいもは一切使わず、切り餅をベースに小麦粉、オリーブオイルなどを混ぜ込みます。これが絶品で絶品で……!


見た目は一般的なニョッキと変わらず。大きく違うのは、その食感! いもニョッキはややねっとり系の「もっちり」で、もっちりしつつも、歯切れがいい印象。

「餅ニョッキ」は口に入れると、まず驚くのはつるーんとした舌ざわり!! もっちりを超えた、弾力のあるもっちもち感にやられます。個人的には、本家のいもニョッキより好み! この食感、きっと日本人、好きです。ボソボソ感ががまったくなく、つるーんとなめらかなので、ついつい食べ過ぎちゃいそう。

味はオリーブオイルがふわっと香って、完全に洋風テイスト。米からできた餅ですが、しっかりと洋風ソースに合うんです。
 

レシピはこちら!


餅ニョッキ(生地のみ)

材料(2人分)
切り餅 2個(約100g)
牛乳 大さじ4
小麦粉 80g
粉チーズ 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
塩 少々
打ち粉用の小麦粉 適宜
 

作り方
【1】餅と牛乳をレンチンして混ぜる

切り餅は十字に4等分に切る。口径20cmくらいの耐熱ボールに餅、牛乳を入れ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで3分ほど加熱する。熱いうちに、ゴムべらでなめらかになるまで練り混ぜる(やけどに注意)。



【2】生地をよくこねる

残りの生地の材料を加える。ゴムべらで、全体がなじんでひとまとまりになるまでよくこねる(粗熱が取れていれば手でこねてもOK)。



【3】ニョッキらしく成形する

生地を2等分にする。まな板と生地にかるく小麦粉※をふり(打ち粉)、それぞれ長さ30cmくらいの棒状にのばす。ときどき生地や道具に打ち粉をしながら、生地を幅2cmに切り、1切れずつフォークの背をかるく押しつけて跡をつける。

※小麦粉はいずれも、生地が手や道具にくっつかなくなる程度にかるくでOK。つけすぎると粉っぽくなるので注意。



これで生地のできあがり。このままソースに投入して……



3~4分煮て火を通せば、ごちそうメニューのでき上がり。一般的なニョッキのように、いったんゆでておく手間がないのも魅力的です♪ クリーム系のソースはもちろん、トマト系との相性もばっちりです~!

ぜひお試しを!


料理/市瀬悦子、撮影/岡本真直、文/編集部・馬場
『オレンジページ』2019年1月17日号より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ2/2号

オレンジページ2/2号

2019年1月17日発売

詳細・購入はこちら

2019オレンジページCooking冬

2019オレンジページCooking冬

2018年11月2日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.10

おとなの健康 Vol.10

2019年1月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

ジュニア料理選手権

オレンジページ大感謝まつり2018

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

広告大賞発表

創刊33周年記念動画配信中!