close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

うまみも栄養もキープできる「冷凍トマト」の3つのいいこと。

2016.06.21

太陽の光をさんさんと浴びて、栄養たっぷりに育った夏のトマト。たくさん手に入って食べきれないときは、迷わず「冷凍トマト」にするのがおすすめ!

袋に入れて凍らせるだけで、旬のおいしさをそのままキープ。冷凍ならではの新食感にも出会えますよー! プチトマトももちろんOK!

じつは、この「冷凍トマト」、他にもいいことずくしなんです!

 

【いいこと その1】
リコペン(リコピン)、ビタミンCなどの栄養素やうまみを逃さず、1カ月ほど保存できる!

 

【いいこと その2】
凍らせると、うまみの多いゼリー部分と身が一体化。味が濃く感じる※!
(※品種によってはゼリー部分が少なく、凍らせても味を濃く感じにくいものもあります。)

 

【いいこと その3】
加熱して使うときは解凍いらず。凍ったまま投入してOK!


また、冷凍すると細胞が壊れるため、くずれやすくなったり、味がなじみやすくなるのもポイント。

暑い日には凍ったままくずして、カルパッチョや豚しゃぶにのせて。

 

トマトおかずをスピーディに作りたいときは、ぽんっと加えて煮くずして。

いいことずくしで、いろんな使い方ができる「冷凍トマト」。今年はぜひこの方法を試してみてくださいね!

 

【おまけ】
凍ったままさっと水に通すと、皮が簡単につるり。スムージーに使うと便利です!


料理/小田真規子、撮影/岡本真直、文/編集部・馬場
(『オレンジページ』2016年7月2号より)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ