close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

【さめてもおいしい】 肉派も寝返る『鮭のガーリック竜田揚げ』のレシピ

2021.09.18

鮭のガーリック竜田揚げ旬の『鮭』
シンプルに焼いて食べるのはもちろんおいしいのですが、今日はひと手間加えて揚げてみませんか?

今回ご紹介するのは『鮭のガーリック竜田揚げ』のレシピ。
パンチのある下味に漬ける&揚げることで、普段はお魚に箸がすすまないお子さんや、肉派のかたにも大ウケすること間違いなしの一品です。

それではどうぞご覧ください!

●『鮭のガーリック竜田揚げ』
鮭のガーリック竜田揚げ

材料(2人分)
生鮭の切り身……2切れ(約200g)

〈漬けだれ〉
にんにくのすりおろし〉……1/2かけ分
しょうゆ……大さじ1
酒……大さじ1
塩……ひとつまみ

〈ころも〉
片栗粉……適宜
すだち(横半分に切り、器に添える)……1個
揚げ油

【下準備】
鮭は骨を取り除き、一口大に切る。

【作り方】
魚を漬けだれに漬ける
(1)バットに漬けだれの材料を入れて混ぜる。魚を加えてからめ、室温に10分ほど置く。

ころもをまぶす
(2)汁けをきりながら魚を取り出し、ペーパータオルで汁けを拭く。別のバットにころもの材料を広げ入れ、魚にしっかりとまぶす。

揚げる
(3)フライパンに揚げ油を高さ2cmほど入れ、低めの中温※に熱する。2を加え、ころもが固まってきたらときどき返しながら、こんがりとするまで3分30秒ほど揚げる。油をきり、器に盛る。

※170℃。乾いた菜箸の先を底に当てると、細かい泡がシュワシュワッとまっすぐ出る程度。

ううう……うま~い!
カリッとしたころもにふわっとした鮭の身、パンチのあるにんにくじょうゆの下味がきいていて、夢中で食べてしまいます。

旬の鮭にすだちを絞って食べるもの、最高に粋!
下味がしっかりしているので、さめてもgood♪ お弁当のおかずにもうってつけですよ♪

肉派も寝返る『鮭のガーリック竜田揚げ』、超絶おすすめです!

(『オレンジページ』2021年10月2日号より)

料理/市瀬悦子 撮影/鈴木泰介 スタイリング/吉岡章子 文/編集部・持田

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ