close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

【週末旅行】実りの秋に、ワインの郷「山梨・勝沼」へ。

2015.09.10

夏の暑さもひと段落した今日このごろ、お出かけするにはぴったりの季節がやってきました。日常から離れてほっとひと息、週末のプチ旅行はいかがでしょうか。

『オレンジページ 9/17号』のおいしい旅を提案する連載企画「いただきます!」では、「山梨 勝沼・甲府」エリアを特集しています。勝沼といえば、見渡す限りぶどう畑が広がる、日本有数のぶどうの産地であり、ワインの生産地。

JRの駅名はずばり、「勝沼ぶどう郷駅」。夢があって素敵。

 

ずーっとつづくぶどう畑のあいまに、数多くの個性的なワイナリーが点在しています。今回注目したのは、ワインといっしょにランチを楽しめる、レストランやカフェを併設したワイナリー。ここでもちらりとお見せしちゃいます。

 

山梨で採れた食材をふんだんに使ったフレンチをコースで味わえる、ワイナリー「ルミエール」併設のレストラン「ゼルコバ」をはじめ、

 

近隣の農家から届く採れたて野菜がたっぷりのランチプレートが人気のワイナリー「原茂ワイン」併設 、「カフェ・カーサ・ダ・ノーマ」や、

 

自家栽培の野菜を使い、果物ピューレを加えた夏野菜カレーがいただけるワイナリー「菱山中央醸造」併設 の「ぶどうばたけ」

 

地元産の新鮮な食材で調理された料理と、まさに醸造の現場から届いたワインを味わうランチ。これ以上の幸せってないと思います(断言)。

 

ショップでは、試飲しながら好みのワインを探してみて。それぞれのワイナリーの、醸造に対するスタイルやこだわりについて話を聞けるのも、直接訪れてこその醍醐味。

ちなみに、みなさん一升瓶に入ったワインってご存じですか? 埼玉育ちの担当編集は見たことがなかったのですが、これが勝沼に根付いた地元スタイルだそうです。

甲州種のぶどうを使った白ワインは、すっきりとしていて和食にもぴったり。地元の方々は、ふだんの食事にあわせて気軽に飲まれているそうです。

 

さらに、ワインセラーの見学ツアーを行っているワイナリーもあります。

「ルミエール」の地下ワインセラーには、木樽がずらり。


などなど、勝沼は、1日存分にワインにひたれる、ワイン好き必見の土地なのです。


詳細は、オレンジページ 9/17号でご確認を! 勝沼ぶどう郷駅からJRで約30分、甲府駅周辺のおすすめスポットも紹介しています。

近年、海外でも評価が高まっている日本が誇る〈山梨ワイン〉、ぜひ勝沼を訪れて、知って、飲んで、味わってみてください。生食用のぶどうも、ちょうど今の時期、旬を迎えていますよ!

オレペをお供に、よい旅を!

 

(編集部・清水)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
9/7(火)~9/20(月・祝)

ブレンディ(R)の新しいラテ、ダイショーの鍋スープをプレゼント