close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

梅雨どきの「困った」を解消してくれる、重曹パウダーの使い方5選

2015.05.31

洗浄作用や消臭効果、吸湿効果があって、人にも環境にもやさしいエコ家事アイテムとしてすっかりおなじみの「重曹」。


重曹はにおいやかびが気になる梅雨どきにも大活躍! 『好評の「家事のコツ」を222集めました。』(オレンジページ刊)から、ジメジメした季節におすすめの重曹パウダーの使い方を5つご紹介します♪ どれもとっても手軽なので、初心者さんにもすぐトライできますよ。


【1】靴のカビ予防
しばらくはく予定のない靴をしまうときには、靴箱に重曹を。重曹大さじ2を布で包み、キャンディのように口をねじってひもで結んで靴箱に入れて。定期的に重曹を入れ替えれば、においはもちろん、カビ予防にもなります。


【2】排水口のにおいとぬめり   
一日の家事の終わりに排水口の中やまわりに重曹をたっぷりふりかけ、酢1カップを電子レンジで約2分加熱して、ゆっくりと回しかけます。シュワシュワと泡が出て、においはもちろんぬめりもすっきり。その後、水で洗い流します。


【3】生ゴミの消臭
生ゴミに重曹をまんべんなくふりかけておけば、においが気にならなくなります。あらかじめゴミ箱の底に重曹を敷いておいてもOK。


【4】水筒のにおいを取り
水筒のふたを開けたらいやなにおいが……。そんなときは水筒いっぱいにぬるま湯を入れ、重曹大さじ2を加えます。ふたをしてからよく振り、そのまま一晩おいて水洗いを。


【5】洗濯物についたにおいの消臭
汗をいっぱい吸ってにおいが気になるTシャツや靴下。すぐに洗えないときは、洗濯物の上から重曹をふりかけます。洗うときは重曹ごと洗濯機に入れてOK。泡立ちがよくなって、汚れもすっきり落ちます。

いかがですか? ひとつでこれだけ役立つなんて、活用しない手はありませんよね! でも「料理にも使われるようなものに、どうしてこんな効果が?」と、不思議に思っているかたのためにちょっとご説明。

天然のミネラルである重曹が掃除や消臭などに効果がある大きな理由は、弱アルカリ性であるため。身の回りの汚れや悪臭はほとんどが酸性なので、アルカリ性である重曹をかけると中和分解され、汚れを落としたり、においを消したりできるのです。また、細かい粒子には研磨作用があるので、クレンザー代わりにもなるというわけです。

重曹を上手に使えば梅雨どきの家事を快適に乗り切れそう。さっそく今日から試してみてはいかがですか? 

※注意点※
重曹には「薬用」「調理用」「掃除用」の3種類があるので、掃除や脱臭のみに使う場合は、比較的安価な「掃除用」でOKです。また、アルミや表面に樹脂加工していない木製のもの、大理石、天然石などは、黒ずんだり傷をつけてしまうことがあるので、使用しないでください。
(編集部・狩野)

 

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ