close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

パサパサ感とさようなら。<さめてもおいしいから揚げ>の作り方、教えます!

2018.03.21

お弁当のおかずとして、不動の人気を誇る「から揚げ」
ふたを開けた瞬間、これが入っていると否応なしにテンションが上がりますよね~。
でも、揚げてから時間が経っているぶん、ときにはパサパサ感が気になることも……。
もともとパサつきがちな鶏胸肉で作ると、なおさらです。

そこで、私たちオレンジページ編集部は考えました。
パサパサしない、<さめてもおいしい>胸肉から揚げを作る方法を!!
ポイントは、肉が保湿されるよう、<しっとり効果>のある下味に一晩漬けること。
今回は、ヨーグルトを使った下味で<しっとり>させるレシピを伝授しちゃいましょう!


【ヨーグルトカレーむねから】

材料(6個分)
鶏胸肉(大) 1/2枚(約150g)
<下味>
 プレーンヨーグルト 大さじ1と1/2
 カレー粉 小さじ2
 にんにくのすりおろし 小さじ1/3
 塩 小さじ1/4
 粗びき黒こしょう 少々
<厚ごろも>
 溶き卵 大さじ1
 小麦粉 大さじ1と1/2
 片栗粉 適宜
 カレー粉 適宜
サラダ油

作り方
【前日の夜に漬けて……】
ポリ袋に下味の材料を入れる。胸肉は厚さ1.5~2cmの6等分のそぎ切り※にし、下味の袋に入れてよくもみ込む。冷蔵庫で一晩漬ける。
※肉の厚みや繊維の方向を見て、肉の向きを変えながら切ると◎。一つ一つが同じくらいの重さになるよう意識して。

これがヨーグルトの<しっとり>下味↑
 

【当日の朝揚げる!】
(1)前日に仕込んだポリ袋を冷蔵庫から取り出し、ころもの溶き卵、小麦粉を加えて袋の外からもみ込む。バットに片栗粉を入れ、揚げる直前に肉1切れずつにしっかりとまぶす。
(2)直径20cmほどのフライパンにサラダ油を高さ1cmほど入れ、低めの中温※に熱する。1の胸肉を入れ、ときどき返しながら2分揚げる。強火にして1分30秒ほど揚げ、油をきってカレー粉をふる。
※170℃。乾いた菜箸の先を底に当てると、細かい泡がシュワシュワッとまっすぐ出る程度。
完成~!

パサパサ感をなくすためには、「そぎ切り」にして肉の繊維を断ち切ることも大切なポイント。
また、ころもは小麦粉だけでなく片栗粉も重ねづけし、肉汁の流失をガードしています!


本気で<さめてもおいしい>を実現したこのから揚げ。
ぜひトライして、お弁当の時間を今まで以上に楽しんでくださいね!
 

料理/市瀬悦子 撮影/髙杉 純 文/編集部・山田彩

『オレンジページ』2018年4月2日号より)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ