レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. うまみ×うまみの競演!「トマトみそ」が絶品すぎる。
オレンジページ☆デイリー

2018.6.27

うまみ×うまみの競演!「トマトみそ」が絶品すぎる。

みなさん、「トマトみそ」ってご存じですか? 
塩麹から始まり、塩レモン、塩トマト、マッサなどここ数年で話題になった自家製調味料のひとつ。私は知らなかったんですが、企画で取り上げたとき初めて作ってみて、そのおいしさにトリコになりました!

トマトみそ、見た目はこんなふう。もったり、とろりとした質感です。味は……と説明する前に、作る工程を見ていただきましょうか。きっとそのほうが、味の想像がつきそうな気がする!

これが煮はじめ。
材料はトマト、みそ、以上! なんてシンプルな調味料なんでしょう(笑)。ここまで潔いのってあんまりない気がします。ちなみに、トマト5~6個(約1kg)に対して、みそ150gが目安。トマトは横半分に切って、種を取ってから2cm角に。種を取り除くとき、スプーンでくり抜く方法もありますが、教わった大庭先生によると、「それだと果汁が取れすぎちゃう」そう。指でざざっとかき出すくらいがちょうどいいんですって。
トマトとみそを混ぜたら、さっそく加熱スタート!



おお、火にかけてるうちに、トマトが溶けてなじんだ! でもまだサラッサラのトマトソースみたい。ここからが意外に時間がかかりますが、それで正解。テレビでも見ながら、気長に煮つめていきますよ~。サラッとしているうちは、混ぜるのはときどきで大丈夫。

これが25分煮つめたところ。木べらで鍋底をこすると、しっかりと底が見える状態。木べらですくえば、そのままのっかってる。この状態が煮つめ終わりの目安です。
それにしても、最初の量と比べると明らかに半分になってます。なんてぜいたくな! 濃縮にもほどがある、特濃です(笑)。
トマトの酸味はかなりとび、「トマトペースト」のような奥深いうまみに変化! そして、そもそもうまみの濃いみそが煮つまってさらに濃厚になり……もーこれを使うだけで一気に料理上手になる予感。

ちなみに、私ができたてを味見する方法は「もろきゅう」! スティックきゅうりにつけて食べると、この濃さと絶妙なバランスになるんです。セロリスティックや、大根の薄切りもおすすめです。間違いなくお酒飲みたくなりますが(笑)。

この自家製トマトみそ、ほんとに「使えます」。トマトソース、ミートソースなどの代わりに、洋風メニューに使うのがおすすめ。チキンソテーなのに、グラタンなのに、なんとも白めしのすすむ味になるんです~。これは自家製する価値アリですよ♪

 文/編集部・藤井

『「作りおき」できる60レシピ トマト、きゅうり、ピーマン、大量消費!』オレンジページ刊)より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ11/2号

オレンジページ11/2号

2018年10月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.9

おとなの健康 Vol.9

2018年10月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

ジュニア料理選手権

オレンジページ大感謝まつり2018

広告大賞発表

創刊33周年記念動画配信中!