レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 梅雨どきでも安心!「下味冷凍」の作りおき
オレンジページ☆デイリー

2018.6.4

梅雨どきでも安心!「下味冷凍」の作りおき

蒸し暑さでやる気がでなくても、変わらず続くのが毎日のごはん作り。しかも、高温多湿の夏は、忙しいからって「作り置きおかず」ばかりに頼れないのも、辛いところです。

そんな悩みを解決すべく、家庭料理のプロ・藤井 恵さんがあみ出したのが「下味冷凍」の作りおき。

肉に下味をつけ、うすーくのばして冷凍するだけ。使うときは凍ったまま野菜といっしょに加熱すれば、あっという間に絶品おかずが完成します。

「下味冷凍は、ほかの作り置きに比べてとにかく準備が簡単。そして、使うときに解凍が不要なのも本当に便利! あ、解凍忘れた!と慌てずに済みますし、解凍中に肉が傷む心配もありません」と、藤井さん。

なるほどー!これは夏じゅう冷凍庫にストックしておくと、すごく役立ちそう♪

そんな下味冷凍肉の作り方、じつはこんなに簡単です!

1)調味料を袋に入れる

ファスナーつき冷凍用保存袋に、味つけ用の調味料を入れて袋の上から手でもんで混ぜます。200gの肉にMサイズ(189×177mm)の袋がぴったり。

2)肉を加えてもみ込む

肉を加えて袋の上からもみ込みます。調味料を素材にまんべんなくからめて。

3)平らにして冷凍!

手のひらやカードなどで平らにならし、空気を抜いて袋の口を閉じます。あれば金属製のトレーにのせて冷凍。冷凍庫で1か月ほど保存可能です!

藤井さんおすすめの「下味冷凍肉」のバリエーションは、こんなにあります!じつは、どの肉の種類にどの味つけを組み合わせてもOKだそう。
どんどんバリエが広がっちゃいますね~\(^o^)/

たとえば、牛切落とし肉だったら、韓国風の甘辛味がとくにおすすめ♪
藤井さんが考え抜いた配合と、その使い方例をご紹介します。

焼肉風で食欲をそそる! 
下味冷凍肉〈韓国風甘辛味×牛肉〉

材料(1袋=2人分)
牛切落とし肉 200g
〈味つけ用〉
 にんにくのすりおろし 1/2かけ分
 しょうゆ 大さじ1と1/2
 砂糖、酒 各大さじ1
 白すりごま、ごま油 各大さじ1/2
 片栗粉 小さじ1/2

★作り方★
上と同様に袋に入れて下味をからめ、平らにすればOK。冷凍庫で約1か月保存できます。

★使い方例1★
くし形に切ったトマトといっしょに炒めて、葉野菜や青じそとともに盛り付け!
→あっというまにゴージャスな「焼き肉サラダ」が完成(^u^)

★使い方例2★
縦長に切ったなすと蒸し焼きにし、にらも加えて炒め合わせます。
→夏にぴったりの「プルコギ風炒め」も、驚きの速さ(゜o゜)

夏野菜がおいしく、たっぷりとれるのも、「下味冷凍肉」のよいところ! 家族は「できたて」を食べられて、作る人はぐーんとラクになれるなんて、画期的な作り置きワザです。

暑い季節のごはん作りに疲れたら、みなさんもぜひお試しを~♪

料理/藤井 恵、撮影/南雲保夫、文/編集部・谷本
(『オレンジページCooking 2018 夏』オレンジページ刊より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ11/2号

オレンジページ11/2号

2018年10月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.9

おとなの健康 Vol.9

2018年10月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

ジュニア料理選手権

オレンジページ大感謝まつり2018

広告大賞発表

創刊33周年記念動画配信中!