close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページのベテラン編集者たち

入社25年(つまり四半世紀)以上のベテラン料理編集者3人が「うちごはん」について気ままに、赤裸々に語るリレー連載。個人的好み全開のオリジナルレシピのおまけつき。

おかかバターしょうゆご飯

vol.50

入社27年目 計量が苦手な山田の場合
『おかかバターしょうゆご飯』

 

この連載も回を重ねて五十回。何をご紹介しようかといろいろ考えたのですが、ここのところ、ずーーーっと食べたいな~と思いを募らせていた母の味「おかかバターしょうゆご飯」を久々に作ってみることにしました。レシピなんてないも同然、料理というのもはばかられるような一品ですが、私のおいしい記憶の最上位に位置する、とっておきなんです。

母はとっても料理が上手な人で、私が幼いころから、こまめにいろいろなものを作って食べさせてくれました。もともと食いしん坊な上に、毎日おいしい料理が食卓に並ぶという恵まれた環境下で育ったものですから、私の体は真ん丸コロリンと大きく成長。子どものころの面影を多分に残したまま、今にいたっております(汗)。

風邪をひき、四〇℃の高熱にうなされていたとしても、時間がくれば寝床から起き上がり「ご飯まだ~」と大声で催促する子どもってどんなものでしょう……。そんな大食漢のお腹を満たすために、ボリューミーなおかずを作りつつ、堅いものが苦手な祖父母のために、日々別メニューを用意していた母。その苦労を思うと、当時の自分に「病気のときくらい、大人しく寝てなさいよ」と言い聞かせたくなります(反省)。

というわけで、母の料理は基本的に手間ひまかけて作られているものばかりだったのですが、休日の朝ごはんに、たま~に食べさせてくれたお楽しみメニューが「おかかバターしょうゆご飯」。まずは、あったかいご飯におかかをパラリ。すかさずバターをのせ、溶けかけたところにしょうゆをさっと回しかければでき上がり。食欲をそそる香りがなんともいえず、このときばかりは「お行儀」なんて気にせずに、がーーっと混ぜてたちまち完食したものです。

いつも以上に瞳をキラキラ輝かせ、ご飯をかき込む娘の姿を母はどんな気持ちで見ていたことか……。娘のほうは、真面目な母が珍しく「あんまり感心しないこと」をいっしょにやらかしてくれているワクワク感で、胸がいっぱいだったような気がします。はしゃいだ気持ちが、おいしさに拍車をかけるみたいな……。母との思い出も込みで、忘れらない味になっているような気がするこの一品。柄にもないことを言ってなにげに赤面してますが、これからもときどき作って、母の子どもにかえる時間を味わいたいと思います。

 
  • ご飯は厚手の鍋で炊く

    うちには炊飯器がないので、ご飯は厚手の鍋で炊き、小分けにして冷凍しているのですが、今回は、おかかバターしょうゆご飯をおいしく食べたいがために、わざわざご飯を炊きました(笑)。炊きたてのご飯って、やっぱりおいしいですから。このへん妥協できない頑固さが、母譲りだなと思います(汗)。

  • 炊きたてのご飯で作った塩おにぎり

    炊きたてのご飯は、おにぎりにしてもまた格別。私は母に教わったとおり、塩をきつめにきかせて、ご飯が熱いうちにささっとにぎるようにしています。おにぎりをにぎったことに満足して油断していると、家庭内おにぎり争奪戦に敗れて悔しい思いをするので、自分のぶんだけこっそり取り分けておくようになりました(笑)。

オレぺの中の人のうちごはんレシピ

『おかかバターしょうゆご飯』

おかかバターしょうゆご飯

材料(1人分)

  • 温かいご飯(炊きたてがベスト) お好みの分量
  • バター(マーガリンも味わい深い) お好みの分量
  • 削り節 お好みの分量
  • しょうゆ お好みの分量
  • ※材料はすべて「お好みの分量」でノープロブレムですが、バターはあんまり多いと、当然ながらしつこい味になります。かるく茶碗に一杯分(150g前後)のご飯にのせるバターは10g程度がいい感じ。なんなら追いバターすることもできるので、最初は少し控えめにして様子をみるといいと思います。

作り方

  1. 茶碗にご飯を盛り、削り節をのせる。バターをご飯の中心に埋め込むようにしてのせ、しょうゆを回しかけたら、全体をよく混ぜてかき込む。
山田かおり
Editor No.01 山田かおり(通称・山先輩)
大学卒業後、1994年にオレンジページに入社。料理にも編集にもまるで興味がなかったのに、オレンジページ編集部に配属。料理編集者の道を歩み始める。以来ずーっと料理企画を担当。料理編集者でありながら、計量と甘いものが苦手という変わりだね。プライベートではプロレスと酒をこよなく愛し、夫と愛猫1匹、リクガメ夫妻と暮らす。

山田のうちごはんレシピ、
こちらにもあります。

〜電子版限定〜
オレぺの中の人のうちの味・好きな味
検索できないレシピ 和食・おやつ

オレぺのレシピを世に送り出しつづけているベテラン料理編集者4人が、これまで出会ったレシピの中から好きなもの、忘れられないものを自ら作って、撮って、語ります。
各電子書籍ストアにて好評配信中!

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ