close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

なすの堅さがほどよく残る保存法『たて塩なす』ストックとは?

2020.06.08

冷凍したり、塩もみにしたり。

『なす』にはさまざまな保存法がありますよね。

 

そんな中、今回ご紹介するのは『たて塩なす』というストック術。

『たて塩』とは海水程度の塩水のことで、これになすをつけることによって日持ちがよくなるんです。

 

堅さがほどよく残った独特の食感が楽しめるのも、この方法の特徴。
 

ではではさっそくご覧ください。



●『たて塩なす』ストックの作り方

材料(作りやすい分量)

なす……5個(400g)

塩……大さじ2

あれば焼きみょうばん(※)

 

※なすをきれいな紫色のまま保存したい場合は、焼きみょうばん小さじ2を塩といっしょに加え、溶かして使うのがおすすめです。

 

(1)なすはがくのつけ根に包丁を当ててぐるりと回し、がくを取り除く。縦半分に切る。

 

(2)保存袋に水4カップと塩を入れ、口を閉じて袋を振り、塩を溶かす。

 

(3)なすを加え、袋の空気を抜いて口を閉じる。

 

(4)袋ごとバットなどにのせ、冷蔵庫で半日ほど置く。冷蔵で4~5日保存可能。

※少し深さのある保存容器に袋ごと入れると、なす全体がつかりやすくなります。

 

ストックしておいたなすは……、

 

おろししょうが&オイルとあえてシンプルに食べるもよし……、

 

厚みのある乱切りにして、カプレーゼにするもよし……、

 

たて塩の下味をいかして、オイスターソースのみで味付けした炒めものにするもよし。

便利にお使いいただけますよ!

 

買ったなすをすぐに調理しないときにおすすめ! 『たて塩なす』ストック、ぜひ試してみてくださいね♪

 

料理/しらいのりこ 撮影/野口健志 文/編集部・持田

『オレンジページ』2020年6月17日号より)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
6/15(火)~6/28(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 健康
  • カルチャー
  • 美容
  • 暮らし