close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

秋野菜のピクルス

ローレルが香るピクルス液で、おなじみの野菜が上品な副菜に変身。時間差をつけながらいっしょにゆでた野菜を、煮立てた液につけ、冷めたら食べごろ。冷蔵庫で1週間保存できます。

料理:

撮影: 鈴木泰介

秋野菜のピクルス

材料 (作りやすい分量)

  • れんこん(小) 1節(約150ɡ)
  • ごぼう  1/2本(約100ɡ)
  • しめじ 1パック(約100ɡ)
  • 赤パプリカ 1/2個
  • ピクルス液
  •  「S&B 袋入りローレル(ホール)」 2枚
  •  赤唐辛子 1本
  •  水 1と1/2カップ
  •  酢  3/4カップ
  •  砂糖  大さじ3
  •  しょうゆ 大さじ1
  •  「S&B ブラックペッパー(ホール)」、塩 各 小さじ1

熱量 63kcal(1/8量) 塩分 0.9g(1/8量)

作り方

  • れんこんは皮をむき、幅7~8mmの輪切りにする。ごぼうは皮つきのまま洗い、長さ4cmに切り、縦半分に切る。しめじは石づきを切って小房に分ける。パプリカは縦半分に切ってから横に幅7~8mmに切る。

  • 鍋に湯を沸かし、れんこん、ごぼうを入れて3分ゆで、しめじ、パプリカを加えて1分ゆでる。いっしょにざるに上げ、 水けをきって清潔な耐熱の保存容器に入れる。

  • ピクルス液の材料を鍋に入れて煮立て、【2】に注ぎ、さめるま でおく。冷蔵庫で保存し、1週間を目安に食べきる。

根菜は水からゆでることが多いですが、このレシピは熱湯からでOK。れんこん、ごぼうを入れて、3分たったら時間差でしめじ、パプリカを加え、1分ほどさっとゆでていっしょにざるに上げます。水けをきって耐熱の保存容器に入れ、煮立てたピクルス液を注いだら調理は完了! あとは冷めるのを待つだけです。
月桂樹、ローリエとも呼ばれる、古くからヨーロッパで親しまれてきたハーブ。ピクルスのほか、ロールキャベツ、ポトフ、カレー、ミートソースなど、洋風の煮込み料理に、清涼感のある香りをプラスします。乳製品との相性がよく、クリームシチューにもおすすめ。
6g 162円(税込み)

レシピ掲載日: 2020.10.16

SHARE

レシピを探す

れんこんを使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年03月02日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 3/17号

最新号

2021年3月2日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
2/24(火)~3/8(火)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 暮らし

食材からレシピを探す