close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

たことパプリカのバジルソース炒め

味つけはバジルソースだけの簡単な炒めもの。モッツァレラチーズは加熱しすぎると溶けてくっつくので、フライパンに入れたらすぐにバジルソースも加えて手早くからめて火を止めます。

料理:

撮影: 鈴木泰介

たことパプリカのバジルソース炒め

材料 (2人分)

  • ゆでたこの足 1本(約150g)
  • 赤パプリカ 1個
  • モッツァレラチーズ(ひと口タイプ) 100g
  • バジルソース(下記参照) 大さじ2
  • 「S&B フレッシュハーブ スィートバジル」 適宜
  • オリーブオイル

熱量 356kcal(1人分) 塩分 0.8g(1人分)

作り方

  • パプリカは縦半分に切ってへたと種を取り、さらに縦半分に切って乱切りにする。たこは一口大に切る。

  • フライパンにオリーブオイル大さじ1/2を強めの中火で熱し、パプリカを2分ほど炒める。たこを加え、さらに1分ほど炒める。

  • 水けをきったチーズとバジルソースを入れ、さっとからめて火を止める。器に盛り、バジルの葉を添える。

「バジルソース」の作り方

“バジルソース”
ゆでたパスタにからめたり、パンにつけたり、炒めものの味つけにも重宝するバジルソース。松の実ではなく、くるみまたはピーナッツで作れる手軽なレシピをご紹介します。

材料(作りやすい分量)
「S&B フレッシュハーブ スィートバジル」 2袋(約80g)
くるみ(無塩)またはピーナッツ 60g
にんにく 2かけ
粉チーズ 30g
オリーブオイル 塩 こしょう

作り方
【1】バジルは水洗いして水けをしっかりきり、葉を摘み取る。にんにくは粗く刻む。

【2】フードプロセッサーにバジル、にんにく、くるみ、粉チーズ、オリーブオイル1/2カップ、塩小さじ1、こしょう少々を入れ、撹拌する。途中でオリーブオイル1/2カップを加え、ゴムべらでまわりについたものを落としながら、全体がなめらかになるまで撹拌する。

【3】清潔なびんに入れ、酸化を防ぐためにオリーブオイル適宜を注ぐ。

※冷蔵庫で保存し、10日を目安に使いきる。
※保存袋に入れ、平らにして冷凍すると(必要な分だけ折って使える)2カ月ほど保存可能。
スィートバジルは、水洗いしてしっかり水けを拭き、堅い軸から葉の部分を摘み取って使います。すべての材料をフードプロセッサーに入れ、オリーブオイルを2回に分けて加えながら撹拌すればバジルソースに。くるみの代わりに、同量のピーナッツを使ってもOK。
さわやかな香りで、トマトとの相性は抜群です。サラダやスープ、パスタ、ピザ料理によく使われ、イタリア料理ではバジリコと呼ばれて親しまれています。タイ料理に使われるガパオもバジルの一種。炒めものや、揚げものにもよく合います。
17g(目安) 237円(税込み)

レシピ掲載日: 2019.7.17

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

たこを使った
その他のレシピ

人気レシピランキング

2021年06月24日現在

BOOK オレンジページの本

食材からレシピを探す