レシピをさがす

  1. HOME
  2. レシピ検索
  3. いかとさやいんげんのしょうが炒め

いかとさやいんげんのしょうが炒め

旬のするめいかは、皮つきでも柔らか。
しょうがの香りをきかせた、すっきりとした味わいの炒めものに仕上げて。

料理:

撮影:

いかとさやいんげんのしょうが炒め
  • 調理時間 
  • 熱量 176kcal(1人分)
  • 塩分 2.6g(1人分)

材料 (2人分)

  • するめいか 1ぱい
  • さやいんげん 12本(約100g)
  • しょうが 1かけ
  • 合わせ調味料
  •  酒、酢、水 各大さじ1
  •  鶏ガラスープの素(顆粒)、
  •   砂糖、片栗粉 各小さじ1
  •   小さじ1/3
  • 酒 塩 こしょう サラダ油

下準備

胴の中に指を差し込んで、わたと胴がつながった部分をはがし、内側についている軟骨を引き抜く。胴と足を持ち、足をゆっくりとひっぱりながらわたを引き出す。胴の中に指を入れて水洗いし、水けを拭く。
胴の中に指を差し込んで、わたと胴がつながった部分をはがし、内側についている軟骨を引き抜く。胴と足を持ち、足をゆっくりとひっぱりながらわたを引き出す。胴の中に指を入れて水洗いし、水けを拭く。
目の下の部分に包丁を入れて、足とわたを切り離す。
目の下の部分に包丁を入れて、足とわたを切り離す。
足のつけ根を両手で持ち、ひっくり返す。中央にある、丸く堅い部分(くちばし)を出し、まわりの身とともに手でもぎ取る。
足のつけ根を両手で持ち、ひっくり返す。中央にある、丸く堅い部分(くちばし)を出し、まわりの身とともに手でもぎ取る。
えんぺらと胴の間に指を入れ、胴からえんぺらをゆっくりひきはがす。足と足の間に包丁で切り目を入れて開き、包丁の背でかるくしごいて吸盤をこそげ落とす。
えんぺらと胴の間に指を入れ、胴からえんぺらをゆっくりひきはがす。足と足の間に包丁で切り目を入れて開き、包丁の背でかるくしごいて吸盤をこそげ落とす。

作り方

いかは下ごしらえする。胴は包丁で切り目を入れて開き、縦半分に切ってから、さらに横に幅1cmに切る。えんぺらは縦に幅1cmに切る。足は1~2本ずつ切り分け、長いものは半分に切る。ボールに入れ、酒大さじ1、塩、こしょう各少々を全体にからめる。
いかは下ごしらえする。胴は包丁で切り目を入れて開き、縦半分に切ってから、さらに横に幅1cmに切る。えんぺらは縦に幅1cmに切る。足は1~2本ずつ切り分け、長いものは半分に切る。ボールに入れ、酒大さじ1、塩、こしょう各少々を全体にからめる。
いんげんは、へたとあれば筋を取り、長さを半分に切る。しょうがは皮をむき、細切りにする。器に、合わせ調味料の材料を混ぜ合わせる。
フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、いか、いんげん、しょうがを入れて炒め合わせる。いかの色が変わったらふたをし、2~3分蒸し焼きにする。いんげんが柔らかくなったら、合わせ調味料をもう一度混ぜて加え、全体になじむまで混ぜながら炒める。味をみて、塩、こしょう各少々で調味し、器に盛る。

レシピ掲載日:2005.7.2

レシピを探す

オレンジページnetのBESTおかず

サイト内検索

cookpadプロのレシピ

オレンジページブランチ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

オレンジ進行中(改)