こんにちは!ゲストさん

  1. HOME
  2. レシピ検索
  3. 豚肉のしょうが焼き

豚肉のしょうが焼き

(10)
豚肉のしょうが焼き
  • 熱量 437kcal(1人分)

しっかり下味をつけた肉に、小麦粉を薄くまぶしてから焼いて。うまみが逃げず、ジューシーな焼き上がりに。

料理:

材料 (4人分)

  • 豚ロース肉(とんカツ用) 4枚(400g)
  • 下味
  •  しょうゆ 大さじ1と1/2
  •   大さじ1と1/2
  •  しょうが 1かけ
  • 強力粉(なければ薄力粉) 適宜
  • つけ合わせ
  •  じゃがいも(大) 2個
  •  キャベツの葉 6枚
  •  しょうがの甘酢漬け 5~6枚
  • パセリ 適宜
  • こしょう
  • サラダ油

作り方

豚肉は、赤身と脂身の間に縦に数本切り込みを入れて、筋を切る。赤身の部分にも数カ所包丁の刃先で切り込みを入れておくと、焼いたときに縮まず、火の通りもよくなる。食べやすいように、縦3つに切る。
しょうがは皮をむいてすりおろし、汁を絞る。バットにしょうゆと酒各大さじ1と1/2を入れ、しょうがの絞り汁小さじ2も加えてよく混ぜる。
肉を重ならないように並べ、途中で一度裏返しながら、30分ほど漬け込んで味をしみ込ませる。
バットに強力粉(なければ薄力粉)を敷き、豚肉を2~3枚ずつ入れて粉をまぶしつける。厚くつけすぎると、焼いたときに舌ざわりが悪くなるので、一枚ずつ両手ではさむようにして、余分な粉をはたき落とす。粉を薄くまぶしておくと、焼いたときに肉の表面が焼き固められて、肉汁が外に逃げず、ジューシーに仕上がる。
フライパンにサラダ油大さじ1を強火で熱し、肉を重ならないように並べる。強火のまま1分ほど焼き、片面にこんがりと焼き色がついたら裏返す。両面に焼き色がついたら火を弱めの中火にし、中に火が通るまで3分ほど焼く。皿に盛り、パセリを添える。

---薄切り肉の作り方---
“しょうが焼き用”として売られている薄切り肉を使っても、材料の分量や作り方は同じでOK。ただし、火の通りが早いので、焼く時間は短めに。強火で焼くと、すぐに焦げてしまうので、初めから弱めの中火で、両面をこんがりと色がつくまで焼きます。

---つけ合わせを準備する---
じゃがいもは皮つきのまま水から15分ほどゆで、竹串がスーッと通るくらいになったら、熱いうちに皮をむく。一口大に切り、ボールに入れてざっとつぶし、塩、こしょう各少々を加えて混ぜる。キャベツは手で食べやすい大きさにちぎる。ざるにのせて熱湯を回しかけ、しんなりとさせて水けを絞る。4等分ずつ皿に盛り、じゃがいもの上に、せん切りにしたしょうがの甘酢漬けを散らす。

(1人分437kcal、塩分1.7g)

今日作るレシピに決めたらクリック!

  • mixiチェック
これ作ってみて

レシピを探す

最近見たレシピ

オレンジページnetのBESTおかず

オレンジページの本

オレンジページ12/17号

オレンジページ12/17号

2016年12月2日発売

「焼きっぱなし」でも豪華だから。肉のごちそうは、オーブンまかせで!

おとなの健康Vol.1

おとなの健康Vol.1

2016年11月2日発売

イベント募集中

オレンジページのイベント&講座レポート

【参加者募集】2016年 季節の手しごと「キムチ作り」イベント 〈有料〉

【参加者募集】時短で省エネ!スピード絶品レシピ料理教室〈ご招待〉

【参加者募集】陳建太郎さん直伝!冬のとっておきメニュー料理教室〈無料〉

和食料理教室

cookpadプロのレシピ

オレンジページブランチ

広告大賞 投票募集

ジュニア料理選手権

オレンジページサロンWEB byくらし予報

混ぜやすく、注ぎやすいボウル syunkon流の使い方

作ってそのまま食卓に! オレンジページスタイルのIH対応ミニシリーズで作るおすすめレシピ9

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

きっぷのーと総選挙 投票はこちら