レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 全国から集結! ユニークな寒天おやつ、ベスト4!
オレンジページ☆デイリー

2017.8.24

全国から集結! ユニークな寒天おやつ、ベスト4!

残暑のこの時期、ゼリーやアイスもいいですが、日本のおやつ・寒天菓子もまたいいもの
字面を眺めているだけでも涼しげです(無理矢理ですが……)。

日本中で食べられているこのおやつ、調査してみると地域によってかなりユニークなものを発見。
編集部おすすめの選りすぐりベスト4を紹介します!

まずはこちら。新潟県の「スワミルクヨーカン」。

美味しそうな牛乳! ではないんです。


牛乳パックから、つるんと寒天が登場。しかもフツーの牛乳かんとは一線を画す、超濃厚なミルク味。
それもそのはず、なんせ牛乳の割合が実に90%以上! 大人も子供もこれ、ハマります。
さりげなく「洋生菓子」って書いてあるのがいい感じ(笑)。

「スワミルクヨーカン」500g(紙パック)400円前後/諏訪乳業 ☎0258-62-0498     
 https://www.domaichi.com 取り寄せ可

お次は、カラフルな見た目にキュンとなるこのお菓子。


岐阜県民のソウルフード、「ニッキ寒天」。しっかり堅め、これぞ寒天! の口当たりと、ニッキの辛みの組み合わせは、食べたことがなくても懐かしい。日本人のDNAに刻まれた味なのか……。

ちなみに、色が変わっても味は一緒です(笑)。

「ニッキ寒天アソート」1ケース(8個入り×5袋)1800円(税込み)/カネマタ食品工業  ☎0585-22-0125 http://www.kanemata.co.jp 取り寄せ可

今回、東北から唯一エントリーの秋田県。何でも寒天で固めてしまう文化があるのだとか……。

じゃん。炒り卵を寒天で固めた「たまご寒天」。いきなり想像の斜め上を行くメニューが登場しました。食べてみると、お弁当の甘い卵焼きみたいで美味しい! お菓子というより、お茶請けという感じでしょうか。家庭やお店でラインナップは違いますが、ごま味やくるみ寒天がポピュラーなのだそう。秋田マダム達は、寒天を持ち寄っては日々お茶会をしているらしいです!

「たまご寒天」200円、「ごまようかん(寒天入り)」200円、「くるみ寒天」300円 ※すべて税込み/道の駅十文字 ☎0182-23-9320 取り寄せ可

ラストを飾るのは、なんと給食でしか食べられないレアな寒天おやつ。


静岡県富士市の学校給食で時々登場する「サイダーかん」。その名の通り、サイダーを寒天で固めたというユニークなメニューです。炭酸て、寒天で固めても残るの? と思いましたが、シュワシュワ感を残すべく、サイダーを加えるタイミングに気を配っているんですって。もちろん子供たちはこのサイダーかんが大好き! これが給食に出る日は欠席の子が減るとか減らないとか……(未確認)。

たかが寒天、されど寒天。日本全国に個性派メニューが存在していました。国内旅行の際は、ぜひユニークな寒天おやつを探してみてくださいね~。


撮影/宮濱祐美子 スタイリング/本郷由紀子 文/編集部・小松
(『オレンジページ』2017年9月2日号より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ10/2号

オレンジページ10/2号

2017年9月16日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康Vol.4

おとなの健康Vol.4

2017年7月15日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

オレンジページブランチ

ジュニア料理選手権

オレペ大感謝まつり

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!