レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 今年のスイーツ界の新星! ガトー・インビジブル
オレンジページ☆デイリー

2017.2.3

今年のスイーツ界の新星! ガトー・インビジブル

皆様。このお菓子、なんだかご存知……ではないと思われます。 なぜならまだ上陸したてのホヤホヤ、今年のスイーツ界の注目株、その名も「ガトー・インビジブル」。

フランスからはるばるやって来たこのお菓子、
フランス語で「見えないケーキ」という意味なんです。
見えない?? なんのこっちゃ。はい、ご説明いたします。このケーキの構造というのが、「たっぷりの果物(または野菜)のスライス」+「ほんのちょっぴりの生地」。
 

「りんごのガトー・インビジブル」には大量のりんごスライスが。すると焼き上がりは……?
 

見よ、この美しい断面を! 生地が果物と一体化して、ほとんど「見えなく」なっちゃった! だから、「見えないケーキ」。肝心のお味はといえば、果物のジューシーさとプリンのような卵生地のバランスが絶妙な、今までにない美味しさ! スライスりんごのジュワッととろけるような口当たりも最高~♪
しかも、おフランスのガトーでありながら、作り方は超シンプルなんです。
 

生地は、卵、砂糖、粉、牛乳、バターを順にぐるぐる混ぜるだけ。たっぷりのりんごに対して、こんなにちょっぴり。

 

りんごを薄~くスライス。このスライスこそが、美しい断面を生み出します。
 

パウンド型に、生地をからめたスライスを重ね入れ、オーブンで焼くだけ! 
 

りんごの生地で他の果物をはさんでみたり。
 

プレーン生地とココア生地の2層にしてみたり。どれもSNSにアップしたくなるような断面! りんご以外にも、洋梨、バナナ、柿など、果物を変えることでいろーんな「ガトー・インビジブル」が作れます

2017年、スイーツ界のドラフト1位「ガトー・インビジブル」にぜひご注目を。そうそう、よりフランス語っぽくするなら「ギャトー・アンヴィジブル」と言うのがおすすめです。

 

料理/若山曜子 撮影/福尾美雪 文/編集部・小松

『オレンジページ』2017年2月17日号より)


*********************************
【お知らせ】

この「ガトー・インビジブル」が試食できるカフェが
4月16日(日)、一日限定でオープンします!
くわしくはこちら>>>

*********************************
 

バックナンバー

サイト内検索

cookpadプロのレシピ

オレンジページブランチ

ジュニア料理選手権

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!