レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 夏の家飲みに!最強の【鶏つまみ】&【豚つまみ】はコレだ!
オレンジページ☆デイリー

2017.7.3

夏の家飲みに!最強の【鶏つまみ】&【豚つまみ】はコレだ!

まだまだ梅雨が続く地方も多いなか、暑い日も増えてきて、ビールがおいしい!
よーく冷えたビールに欠かせないお供は、やっぱり【肉つまみ】でしょ!

ということで、肉を愛してやまない肉大好き人気料理研究家のお二人に、最強の【鶏つまみ】と【豚つまみ】をうかがいました!
あなたは、鶏派!? 豚派!? さあ、どっち!?

 

まずは鶏派・市瀬悦子先生

鶏肉つまみといえば、はずせないのが「から揚げ」。
「鶏肉はもちろん、〈揚げもの〉LOVE!」な市瀬先生。
「好きすぎて選べないけど、2017夏のNo.1ということなら……!」と教えてくださった最強から揚げは「もも&むねミックス鶏から」

「ジューシーなもも肉も、しっとりとした胸肉も、どっちも食べたいからミックスで(笑)!
ポイントは、飽きのこないしょうがじょうゆ味と、うまみをしっかり閉じこめる厚めのころも!」(市瀬先生)

ころもは、溶き卵+小麦粉をたっぷりとからめたあとに、片栗粉をしっかりまぶすのがコツです。


さらに、「鶏肉には、いもが合う!」と市瀬先生。

こちらの「パリパリチキンソテー with サワーオニオンポテト」は、そんな鶏肉+いもの最強コンビ。
ただのマッシュポテトじゃなくて、サワークリームと玉ねぎのすりおろしが入って、ほどよい酸味が効いているのがニクい!

 


対する豚派は、きじまりゅうた先生

「から揚げって、鶏肉にアドバンテージあるよね!? ズルくない!?」とおっしゃるとおり、「鶏から」優勢のから揚げですが、「サクふわ豚こまから揚げ」も負けてません!

「豚こま肉を丸めずに、1切れずつ広げて揚げるのがこだわり。丸めるのなんて、鶏肉へのコンプレックスでしかないから(笑)!」(きじま先生)

にんにくじょうゆのしっかり味と、溶き卵+片栗粉のかるいころもがあとを引くおいしさ。
豚こま肉って、「なんとなく」使っていることが多くないですか? このから揚げは、豚こま肉の地位向上に必ずやひと役買うと思います(笑)!

 

そして、「豚肉には、ねぎが合う!」ときじま先生。

「ねぎばかポークソテー」は、その名のとおり、炒めねぎと万能ねぎが、ダブルでどっさり!
こってりとした豚肉のうまみに、ねぎの香りが加わって、箸が止まりません。


甲乙つけがたい最強の【鶏つまみ】と【豚つまみ】
ここはもう、鶏も豚も両方をおつまみに、ビールをぐびっと! が正解じゃないでしょうか。
暑い夏こそ、アツい肉つまみでお楽しみください~。

 

料理/市瀬悦子(鶏つまみ)、きじまりゅうた(豚つまみ) 撮影/木村 拓〈東京料理写真〉(鶏つまみ)、福尾美雪(豚つまみ) 文/編集部・清水祥子
(『オレンジページ』2017年7月17日号より)

バックナンバー

サイト内検索

cookpadプロのレシピ

オレンジページブランチ

ジュニア料理選手権

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!