レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 子どもの「苦手なあの野菜」が食べやすくなる!【魔法の変身レシピ】
オレンジページ☆デイリー

2017.5.16

子どもの「苦手なあの野菜」が食べやすくなる!【魔法の変身レシピ】

「うちの子、苦手な野菜が多くて…」と悩んでいるお母さん、ご安心を。お子さんが食べられないのには、ちゃんと理由があるんです。子どもの味覚は大人に比べてずっと繊細。おまけに咀嚼力も低いから、苦かったり皮が硬かったりする野菜は「食べにくい」と苦手に感じてしまうんです。だからそれらをうまくカバーし、おいしく食べられるように魔法をかけて、変身させてあげましょう

 

まずは、苦手野菜といえばこれ。

ピーマンは「極薄輪切り炒め」に変身~!

ジャ―――ン!

ピーマンの繊維を断つように、ごく薄い輪切りにして炒めれば、くたっとして食べやすさがアップ。炒め油にごま油を、合わせる具にベーコンを使えば、それぞれの風味で苦みがしっかりカバーされます。

 

つづいて、意外と苦手な子が多いこの野菜。

トマトは「冷凍トマトのごろごろソース」に変身~!

ジャ―――ン!

トマトは凍らせると甘みが強くなるため、子どもが苦手な酸味が軽減。皮もするりとむけちゃいます。火の通りも早くなるので、口当たりなめらかに。ソースにすれば、見た目も気にならなくて食べやすさ◎です!

 

最後に、忘れちゃいけないこの野菜も。

しいたけは「グリルチーズ焼き」に変身~!

ジャ―――ン!

グリル焼きで水分を落とし、しいたけ特有のにおいを大幅カット!身も締まるから、ブヨッとした食感が苦手~と思っている子も食べやすくなります。おまけにチーズのこくで、いちだんとすすむ味に

あとは、大人が「美味しい~!」と食べていると、子どももつられて食べてみようかなと思ってくれるので、ぜひ家族みんなで野菜をおいしく召し上がってください♪

 

★野菜が苦手なお子さんにおすすめの絵本「すごいぞ!やさいーズ」のアニメも配信中! 

 

 

監修/高崎順子 料理再現/八木佳奈 撮影/広瀬貴子 文/編集部・上杉

『オレンジページ』2017年5月29日増刊号より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ10/2号

オレンジページ10/2号

2017年9月16日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康Vol.4

おとなの健康Vol.4

2017年7月15日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

オレンジページブランチ

ジュニア料理選手権

オレペ大感謝まつり

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!