レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. おしゃれな見た目に胸キュン♪ 話題のアイス「ヨーグルトバーク」
オレンジページ☆デイリー

2017.7.6

おしゃれな見た目に胸キュン♪ 話題のアイス「ヨーグルトバーク」

いま、「ヨーグルトバーク」というフローズンヨーグルトが人気上昇中! ヨーグルトを板状に凍らせ、手で割って食べる新しいスタイルのアイスです。

このおしゃれな見た目とさっぱりとしたヘルシー感で、アメリカのSNSで話題に! 薄く割れた形状が「樹皮(バーク)」に似ているので、この名前がついたそう。

クッキーやチョコをトッピングしても素敵ですが、フルーツを使えば、洗練された見た目と甘酸っぱさで、より乙女心をくすぐるおやつに。写真映えも間違いなしです!


見た目だけでなく、作るのが拍子抜けするほど簡単なのも、人気の理由の一つ。

ギリシャヨーグルト(濃縮ヨーグルトを使っても、水きりヨーグルトを自分で作ってもOK)の甘みを整えて、バットに広げて…



トッピングには好みのフルーツを。


冷凍庫で凍らせたら、もう完成。パキンと割ってつまんでどうぞ♪


ぜーんぶ割って、チャックつきの冷凍用保存袋に入れて「作り置き」もできます! 食べたいときにいつでもパクッと楽しめますよ。


おしゃれに作るポイントは、
【1】薄さは7~8mmに。
⇒かっこよく割れます! 分厚いと割りにくかったり、ポロポロと砕けることも。

【2】トッピングは2~3種に絞る。
⇒のせすぎるとごちゃっとするので注意! 品よく可憐にのせて。

【3】メリハリをつけたトッピングに。
⇒色に差があったり、サイズに大小感があるものをあえて選んで。ラフな感じが出てかっこよくなります!

この3点だけ。
たとえば、こんなトッピングも素敵!

凍ってもキラリと光るジャムに心を奪われそう!

暑い夏も、今年はヨーグルトバークがひんやりと癒してくれるはずですよ。
 

【おまけのコツ】
甘みは砂糖ではなく、はちみつを使うとまったりとした味わいになります!

 

料理/大島菊枝、撮影/田村昌裕、文・編集部/馬場
(『オレンジページ』2017年7月17日号より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ12/2号

オレンジページ12/2号

2017年11月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康Vol.5

おとなの健康Vol.5

2017年10月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

オレンジページブランチ

ジュニア料理選手権

広告大賞 投票募集

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

第33回オレンジページ読者アンケート