close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

東日本大震災から10年目を迎え、生産者のみなさんの絶え間ない努力によって、さらにおいしさを増した「福島の食」。今では食材が市場に復活し、震災前と同様に手に入るようになりましたが、じつはまだまだ知られていない魅力的な食材がいっぱいあります。

そこで、「おいしい福島」を求め、料理家のワタナベ マキさんが現地をめぐり、ラム肉や野菜など、納得の食材をチョイス。1月30日(土)に、その食材を使った「福島食材の魅力に迫る絶品★料理教室」がオンラインで開催されました。当日の様子をまとめた動画はコチラ
料理研究家 ワタナベ マキさん
グラフィックデザイナーから料理の道へと転身。季節の野菜や体にい い食材をバランスよく取り入れた、 無理なく作れる料理レシピが人気。 旬の素材を生かした料理や常備菜 、お弁当、朝食などを紹介する著書も多数ある。「福島食材の魅力に迫る絶品★料理教室」が開催されたのは、オレンジページ本社内にある「コトラボ新橋」。当選者20名がオンラインで受講しました。
最初に料理家のワタナベ マキさんと、助手を務める比留間深雪さんが、Zoomのギャラリービューにて参加者全員とご対面。これから始める講座に期待がふくらみます。ワタナベ マキさんといっしょに、現地取材をしたオレンジページスタッフより「東日本大震災という大きな被害に遭った福島県の中通り、浜通りで、復興に向けて立ち上がり、 新たな取り組みで福島の産品を生み出している生産者の方々がいます。今回の講座にあたり、ワタナベ マキさんとともに12月に福島を訪れ、おいしいものが生まれる現場を取材させていただきました。
今、みなさんのお手もとに届いている食材は、今日ご紹介する生産者のかたがたのたくさんの思いがこめられた逸品です。こちらを使って料理を作り、みなさんと福島の食材のおいしさを思いきり分かち合いたいということで、スペシャル講座を開催させていただきました」 と 心をこめて挨拶。

今回のメニューは「ラムと芽キャベツの煮込み」と「ロマネスコとアンチョビーのマリネ」の2品。メイン食材であるラム肉は、田村市にある「アニマルフォレストうつしの森」の吉田さんから、芽キャベツとロマネスコは南相馬市にある「武田ファーム」の武田さんから調達したものです。
オンライン上で、実際にワタナベさんたちが現地を訪れた動画も流されました。アニマルフォレストうつしの森では、羊小屋を見学したあとで、焼きたてのマトンをおいしくいただき、武田ファームでも、収穫したての野菜のおいしさにうなるワタナベさんたちの姿がありました。 南相馬市にある武田ファームを訪れたワタナベ マキさん
ロマネスコや芽キャベツの畑へ 田村市にあるアニマルフォレストうつしの森を訪れたワタナベマキさん

動画では、食材の魅力に触れただけではなく、震災後の地元離れや風評被害に苦労されたというお話も収録されていて、受講者たちも熱心に耳を傾けていた様子。直接、生産者のかたがたもオンラインで顔を見せてくださり、よりいっそう熱い思いを共有できたようで、場の空気がかなり温まった気がしました。
続いて、料理のデモンストレーションがスタート。ワタナベさんは「福島のお二人の食材で作る煮込みは、体をぽかぽかにしてくれますよ!」と笑顔を見せます。 参加者 はまず、ワタナベさんによるデモンストレーションを見たあと、それぞれが実習していくことに。

まずは、「ロマネスコとアンチョビーのマリネ」からとりかかります。参加者から「買ったことがない」「使ったことがない」という声が多かったロマネスコについては、「ブロッコリーともカリフラワーとも食感が違うからファンになってくれるとうれしいです」と魅力をアピール。 小房に分ける切り方からていねいに指導していきます。

ラム肉については「体を温めてくれる作用があるのでおすすめです」と言ったあと、 アニマルフォレストうつしの森のラムのおいしさについて「臭みが少なくて、味が強いんです」と絶賛!ワタナベさんのデモンストレーションを確認したあと、参加者がそれぞれ調理に入ります。オンラインでつながっているので、わからないことがあればメッセージで質問すると、すぐにワタナベさんやスタッフ陣が返信してくれますし、工程をそれぞれ見守ってくれていて、まさに至れり尽くせりです 。 作業を終えると、参加者は両手で○のOKサインを出してくれるので、ワタナベさんは全員の様子をうかがい、それぞれのペースを確認しつつ、的確なアドバイスをくれます。

なかにはお子さんがママのお手伝いをしていたり、ワインを飲みながら料理を楽しんでいたりと、みなさんそれぞれのスタイルで満喫されていました。

完成したあとは、全員が笑顔で「いただきます!」と試食タイムに。参加者たちが、自分が作った料理に舌鼓をうつなかで、生産者である吉田さんや武田さんたちとの交流タイムも設けられました。たとえば、ラムについては「スーパーで見るのは外国産ばかりで、初めて福島のお肉をいただきましたが、すごくおいしいですね。苦手な脂の部分までおいしいです!」と感激の声が上がり 、地元である会津若松の参加者からは「福島に住んでいるのに、地元のラムを買ったことがなかったです。今後はいっぱい買ったり使ったりして応援していきたいです」と力強い声も出ました。

また、ロマネスコや芽キャベツのおいしさにも目からウロコだったという声が多く、小さなお子さんが元気にたいらげている姿も。ロマネスコについては「挑戦しにくい素材だったけど、今回知ることができてよかったです」「すっかりハマってます」と喜ぶコメントも多数入りました。

もちろん、吉田さんや武田さんたちも、続々と入るうれしい食レポに大喜びです。最後は参加者たちが手書きをしたメッセージカードが画面に映し出され、感動のフィナーレに突入。ワタナベさんも「今回“おいしい福島”ってことで、取材に行かせてもらいましたが、本当においしいものが詰まっている県だなと思いました」と言葉をかみしめます 。

そして「つらい地震があって、つらい時期を乗り越えてきたかたたちが、信念を持って作られた食材です。今日はその思いが、伝わったのではないかと。これからも、福島のいろいろなものを味わっていきたいです」と締めくくりました。最後に参加者たちがギャラリービューに登場し、笑顔で手を振って、イベントは大盛況のうちに、幕を閉じました。
当日の様子はこちらから
ラムと芽キャベツの煮込み
ラムと芽キャベツの煮込み レシピはこちら>>
ロマネスコとアンチョビーのマリネ
ロマネスコとアンチョビーのマリネ レシピはこちら>> ワタナベ マキさんがおすすめする福島の食材は、生産者のみなさんのオンラインショップのほか、「ポケットマルシェ」からも購入できます。絶品レシピをぜひ、作ってみませんか。購入サイト取扱店等の情報はメールまたは電話でお問い合わせを。

■アニマルフォレストうつしの森
福島県田村市船引町上移字上道135
TEL:080-5571-1305
URL:http://animalforest-utsushi.com/

■武田ファーム
福島県南相馬市鹿島区山下165
URL:https://takedafarm.localinfo.jp/
ポケットマルシェは、顔の見える生産者と直接やりとりをしながら、旬の食材を購入することができるオンラインマルシェ。登録している生産者数は約3300名、登録しているユーザーは約22万人(2020年9月時点)と日本最大の産直ECサイトです。ラム肉、野菜は 〈ポケマル〉からも購入できます!
詳しくはこちら>>
二人の感動場面はこちらでチェック!
※経済産業省ホームページに遷移します


協力/経済産業省


撮影/宮川 久(取材) 豊田朋子(料理) 取材・文/山崎伸子


「おいしい福島」食材めぐりvol.1 「おいしい福島」食材めぐりvol.2 「おいしい福島」食材めぐりvol.3五十嵐美幸さんのオンライン料理教室開催

SHARE