close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

『キユーピー テイスティドレッシング 黒酢たまねぎ』で、毎日のごはんがおいしくなる!

『キユーピー テイスティドレッシング 黒酢たまねぎ』は、玉ねぎの甘みと大麦黒酢の芳醇な香りで味わい深く仕上げたドレッシング。旬の野菜やお肉、魚介を使ったメインになるサラダや、日々の献立に役立つ簡単便利な副菜まで、毎日の食卓で幅広く使えます。

今回、おかずレシピを教えてくれたのは、人気料理家・栗原心平さん。栗原さんイチ押しの『テイスティドレッシング 黒酢たまねぎ』の使い方を知れば、毎日の食卓がもっとおいしく、楽しくなりますよ。
また、10月11日には、オレンジページのインスタライブに栗原さんが登場! 『テイスティドレッシング 黒酢たまねぎ』を使った料理を実演いただきました。
インスタライブについてはこちら
栗原心平さん プロフィール
料理家。会社の経営に携わる一方、幼い頃から得意だった料理の腕を活かし、料理家としてテレビや雑誌、YouTubeなど幅広く活躍。2021年8月より、子どもの創造性や計画性、忍耐といった人生を生き抜く力を養う子供向けオンライン料理教室「ごちそうさまクッキングスクール」がスタート。
栗原心平さんに聞いた『テイスティドレッシング 黒酢たまねぎ』のここがおいしい!
『テイスティドレッシング 黒酢たまねぎ』は、しっかりした味で、葉野菜はもちろん、お肉でも根菜でもおいしく食べられるドレッシングだと思います。黒酢のまろやかで奥深い酸味が食材の味を引き立てますね。 今回栗原さんに教わったのは、ご飯によく合う、食卓の主役になるホットサラダと、あと1品に困ったときや、ちょっとしたおつまみが欲しいときにも便利な簡単副菜3品の、合計4品! どのレシピも、これからの季節にぴったりです。
ボリューム満点の豚肉と、れんこんやじゃがいも、きのこを合わせた、これからの季節にぴったりな温かいサラダ。ドレッシングは、肉の下味と仕上げのダブル使い。
いつもは塩こしょうだけで下味をつける豚肉にドレッシングを使うことで、黒酢と玉ねぎの味を生かしたホットサラダに仕上げています。
れんこんやじゃがいもを焼き色がしっかりつくまで焼くことで、香ばしさがサラダにうま味をプラスしてくれます。
パプリカの甘みとまいたけのうま味、ドレッシングのコクが合わさった副菜。細かく刻んだ卵をのせて、彩り鮮やかなミモザ風に。お好みでパクチーを添えて。
じっくりと炒めてパプリカの甘みを引き出したサラダです。ドレッシングとまろやかな卵の組み合わせで、お子さまでも食べやすい味なので、たっぷり作ってもすぐになくなってしまいますよ!
とろりと濃厚な豆腐の舌ざわりと、紫キャベツの食感のコントラストが◎。味わい深いドレッシングとコクのあるチーズが絶妙です。簡単なのに、おしゃれに仕上がる一品。
水きりして濃厚になった豆腐と、パルミジャーノチーズ、ドレッシング、紫キャベツの組み合わせの楽しさを味わっていただきたいサラダです。ドレッシングは、豆腐にかけるだけでなく、キャベツの味つけにも使っています。おもてなしの前菜としても◎。
身近な材料で作れる簡単カプレーゼ。ミニトマトは、湯むきすることで、ドレッシングの味がよくなじみます。クリーミィな水きりヨーグルトとドレッシングの酸味が◎。
ヨーグルトは酸味の少ないものをよく混ぜて使用するとなめらかに仕上がり、まるでブッラータチーズのようにリッチなおいしさに仕上がります。
『キユーピー テイスティドレッシング 黒酢たまねぎ』は、玉ねぎを炒めたうま味、すりおろした甘み、刻んだ食感と、それを引き立てる黒酢の芳醇な香りを生かしたドレッシングです。食卓のメインになるサラダから副菜まで幅広くお使いいただけます。詳しくはこちら>>
素材の組み合わせによる、深いコクと風味豊かな味わいが楽しめるドレッシングシリーズ。 野菜はもちろん、お肉や魚介などさまざまな食材によく合います。(ラインアップは、『黒酢たまねぎ』『和風 香味たまねぎ』『イタリアン』『胡麻(ピーナッツ入り)』『バジル&チーズ』『オニオンクリーミィ』の全6種)いつもとは違う、食卓の主役になるサラダをどうぞ。
10月11日(月)、オレンジページのインスタライブに栗原心平さんが登場! 『テイスティドレッシング 黒酢たまねぎ』を使ったおいしい料理2品を披露してくれました。当日の様子はアーカイブ動画でご覧ください♪



協力/キユーピー株式会社


料理/栗原心平 撮影/よねくら りょう スタイリング/八木佳奈

SHARE