close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

梅雨から初夏、秋にかけては集中豪雨や台風が多い季節です。自然災害をはじめ、さまざまな危険が人ごとではない昨今、安心できる頼れるわが家は、家族みんなの宝物。強くて快適な家づくりについて、ホームインスペクター(住宅診断士)に教えてもらいました!
強くて快適なわが家は自分でつくる!豪雨、暴風、地震などのニュースを目にする機会が増えました。自然災害はいつ、だれの身に起きてもおかしくありません。また、身近な危険には空き巣もあります。狙われるのは約6割が個人宅です。不安といえば、もちろんコロナウイルスも。 夏は熱中症も心配です。考えだすとキリがありませんが、せめて家は安心できる場所でありたいもの。だからこそ「強くて快適なわが家」をつくっていきませんか?
まずは、自治体が出している 「ハザードマップ」をチェック! 年に一度は再確認を。 防災〈台風・豪雨〉編1台風や豪雨は「外側で守る」が基本。ガラス窓にはシャッターや雨戸が有効です 。 優先 すべきは1階にある大きな窓。物が飛んでくる可能性が高く、万が一割れたときの被害が大きいため、ぜひ対策を。もちろん2、3階も対策をしておいたほうがベター。シャッターは15万〜20万円前後で後づけできます。雨戸は、枠が傷んでいないか確認しておきましょう。防災〈台風・豪雨〉編2集中豪雨による道路の冠水や洪水に備えるなら、「止水板」や「水のう」の準備を。「止水板」は、道路と敷地の間に設けるもので、車や庭も守れます。「水のう」は、 二重にしたゴミ袋に水を半分ほど入れて作ります。玄関はもちろん、トイレや洗面台、洗濯機の排水口などからの逆流を止めるときにも役立ちます。防災地震編地震が起きたらまずは身の安全・逃げ道確保! やれることは今のうちに。 大きな揺れの後に心配なのが、ドアや窓が開かなくなること。地震で多少ゆがんでも開くよう、枠に工夫が施された「耐震ドア」が安心です。マンションの玄関ドアは共用部なので、あらかじめ耐震ドアの物件を選ぶとよいでしょう。 戸建ての場合、20万〜30万円前後で後づけも可能です。防災〈地震〉編2耐震に関する「8100(はちいちぜろぜろ)住宅問題」を知っていますか?耐震基準の法律は1981年と2000年に大きな見直しが。2000年より前の建物は、要注意です。現在よりも低い基準で建てられているため、必ず一度は「耐震診断」を。自治体によって、無料または補助金で受けられます。防犯侵入に5分以上かかると約7割の空き巣があきらめるそう。 近所の人の目も大きな抑止力に。 防犯編1防犯のポイントは、①施錠、②ご近所コミュニケーション、③防犯グッズです。じつは空き巣は、鍵の開いている玄関や窓から侵入するケースが多く、出かけるときに鍵をかけ忘れないことが最大の防犯策。また、ふだんから挨拶が飛び交い、ご近所の目がある地域では空き巣が少ないこともわかっています。防犯編2換気の習慣が広がるとともに、窓の閉め忘れが増加。窓やドアの開閉状態をアプリで確認できる「スマートセンサー」が便利です。一定時間以上開けたままだと通知する機能もあり。数千円で購入できます。また、戸締まりを強化するなら玄関には二重ロックを。こじ開けづらい「鎌式デッドボルト」で家を守りましょう。 断熱在宅ワークや家時間で増えた光熱費も抑えられる!? 家づくりのカギは断熱性にあり。 冷暖房効率を上げるためには、家の断熱性と気密性を高めることが肝心。窓を樹脂窓に替えたり、二重窓にしたりして断熱性を上げましょう。 5万 〜30万円前後でプチリフォームが可能です。まずは、冷暖房をよく使う部屋、みんながよく過ごす部屋の窓から替えてみてください。防音効果も高まりグッと快適に。換気便利な換気システムや賢い換気術はこれからの暮らしの必需品! 換気編12003年以降の建物に備わっている「24時間換気システム」。浴室などから空気を送り出し、リビングなどにある換気口から外気を取り入れ、約2時間で室内の空気を入れ替えます。文字どおり、24時間稼働が基本。台風の日、花粉や真冬の冷気が厳しいときは換気口を閉めてもOKですが、あとで開けるのをお忘れなく換気編2窓を開けて換気するときには、できるだけ離れた場所を対角線上に開けましょう。風が弱いときには、風が入る側の窓を小さく、出る側を大きく開けると効果的。サーキュレーターなどを外に向けて、空気の流れをつくるのもおすすめです。1時間に5〜10分を目安に換気を!
監修/田村 啓(さくら事務所ホームインスペクター)  イラスト/ゴーダアキ 取材・文/峯田亜季
家族みんなが安心して心地よく暮らせるアイディアをご案内。気になったら、お気軽に資料請求を。抽選でQUOカードをプレゼントします。
【応募締め切り】2021年7月31日(土)AM10:00
詳しくはこちら>>

SHARE