close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

2020年「ジュニア料理選手権」開催中止のお知らせ
 

2020年のジュニア料理選手権は開催中止とさせていただきます。来年は開催予定です。

ジュニア料理選手権を通して
伝えたいこと

このジュニア料理選手権は「食の大切さを感じて、未来につなげてほしい」という思いでオレンジページと味の素㈱がタッグを組み、2012年から毎年開催しています。
また、味の素グループは、「美味しく食べて健康づくり」という創業の志を現在まで受け継ぎ、世界各地で事業を展開しています。空腹を満たすだけでなく、こころも健やかにする食事の実現を目指して、食事をする「場」をよりよいものにする提案にも積極的に挑戦しています。ジュニア料理選手権は、大会を通じて、未来を担う中学生・高校生が「食」や「料理」に関心を持つきっかけとなり、「食育」の支援となることを目指しています。

2019年の応募総数は、
なんと約8000件!

ジュニア料理選手権2019 表彰式

昨年の第8回ジュニア料理選手権では、全国の中学校・高校350校から、なんと約8000通もの応募がありました! その中から一次選考の書類審査を通過した中学生部門、高校生部門の各6組が、調理審査へ。調理審査の前には、各自準備した資料を持って審査員の目の前でプレゼンテーションをする場面もあり、白熱する真剣勝負に審査も難航しました。

調理審査緊張の調理審査! 審査員の前でプレゼンもしました。

東京で行われた表彰式の様子。緊張の面持ちで発表を待つジュニアたち。

昨年の特別審査員を務めた、イタリア料理界の巨匠片岡譲さんと、「勝ち飯®」マイスターの瀬戸優佳さん。

審査の様子中学生・高校生たちの真剣な姿に審査も難航……。

瀬戸優佳さん「料理が好き」という気持ちがひしひしと伝わってきて、なにより、どれもすごくおいしかったです! と話す瀬戸さん。

東京で行われた表彰式の様子。緊張の面持ちで発表を待つジュニアたち。

【多くのメディアに取り上げられました!】

ジュニア料理選手権2019 メディア掲載

【グランプリはこちら!】

グランプリ 高校生部門

だしで食べる! うちなー水餃子

だしで食べる! うちなー水餃子

沖縄県 中曽根 彩雪さん

大豆deロコモコ

大豆deロコモコ

熊本県-嘉島町立嘉島中学校 SRS
林 凜和さん 川上紗佳さん 杉本惺菜さん

 

過去にご参加いただいた先生・生徒から
色々な意見をいただきました。

先生

  • テーマがわかりやすく、生徒たちが取り組みやすいです。
  • 家庭科の授業で取り入れやすいため、次回も参加したいです。
  • 部活動の夏休みの活動として適切でした。
  • この大会を、一つの目標として、家庭科部の活動を行っています。入賞を狙うということが大きなモチベーションになっています。
  • 生徒に、食への関心を高めるきっかけとして、活用させていただいております。
  • 過去、入賞したことが生徒の励みになり、生徒の方から、今年も応募したいと要望がありました。

生徒

  • このコンテストを通じて、料理の楽しさを知りました。
  • 参加賞がもらえるので、モチベーションになります。
  • 料理をテーマに合せて考えるのが楽しかったです。
  • この大会を通じて、料理に関する知識や技術を深めることができました。
  • 料理に関わる発表の場が少ないので、貴重な機会だと思います。
  • このコンテストを通じて、大切な家族への自分の思いを伝えることができました。

2021年の開催をお楽しみに!

2012年から8回にわたって開催されてきたジュニア料理選選手権。ありがたいことに、回を増すごとに応募数も増え、みなさまからの関心・注目度もあがってまいりました。 そんな中での今年の大会の中止。誠に残念ではありますが、来年2021年こそは開催させていただく予定ですので、みなさまぜひご応募ください! またお会いできる日を心よりお待ちしております!

オレンジページnetにて6/30より、
ジュニアたちがおうちで料理を楽しめる
コンテンツを公開します!

楽しんでチャレンジできる、夏休みにうってつけの3つの料理コンテンツをご用意。

PART1
自宅で調理実習

まずは覚えたい
料理のいろは
ご飯・みそ汁・卵焼き

お米のとぎ方から丁寧に説明した炊き込みご飯や、巻かずに作れる卵焼きなど、この夏初めて料理に取り組む、もしくは料理を始めたてというかたでも挑戦できる、とっておきの3品をご紹介します。すべて作れば献立が完成! 習得すれば、一生もののレシピになりますよ。

PART2
共食の提案

家族でわいわい
ホットプレートごはん

みんなのぶんまでたっぷり作って、取り分けて。「どれから食べる?」「どれくらい食べる?」。ただ食べるだけでなく、卓上のコミュニケーションが自然に生まれるのがホットプレートの魅力。家族や仲間と囲む食卓で、盛り上がること間違いなしのレシピをご紹介します。

PART3
実験風コンテンツ

自家製にチャレンジ!
ケチャップ・バター・
サラダチキン

楽しみながら食材・製法への理解を深められるレシピをご紹介。普段からお手伝いをしている、もしくは日常的に料理をしているかたにもうってつけです。買うのがあたり前だと思っていたあのアイテムを、一から作ってみることで、料理のその先の可能性や喜びに気づけます。

ジュニア料理選手権スピンオフ
~今年はおうちで料理にチャレンジ!~
はこちら▶

撮影/柿崎真子 料理スタイリング/市沢衣久

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 3/17号

最新号

2021年3月2日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
2/24(火)~3/8(火)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 暮らし