close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

ワインを飲むなら、ごちそうを作らなければ……。そんなわずらわしさを打ち消してくれる「アルパカワイン」。豊かな果実味とまろやかな味わいが特長なのでどんな料理にも合わせやすく、スクリューキャップで開け閉めも簡単というカジュアルさが魅力です。料理研究家のコウ ケンテツさんがアルパカワインに合う簡単でおいしい料理を教えてくれました。 いつものかんたんなソテーに合わせやすいアルパカワイン「日々のごはんって、そのときの気分や家族の好みに合わせて作るものですよね。揚げものや炒めものもあれば、味つけもスパイシーだったり、甘じょっぱかったりとさまざま。それでも、アルパカワインは、どんな料理にも合わせやすいので、気軽に飲めるんです」と話しながら、コウさんは手際よく野菜を焼きはじめます。パプリカやなすに焼き色をつけたら取り出し、にんにくの香りをうつしたオイルでさらに鶏肉をこんがりと香ばしく焼き上げるだけ。しょうゆで味つけした一品は、子どもから大人まで喜ばれるおかずです。「まろやかなこくのある『アルパカ・カベルネ・メルロー』にぴったり合うおかずですので大人の方はぜひ合わせてみてください」。和洋折衷の日本の食卓に合うワイン「日本の食卓は世界中の料理が並ぶと思いませんか? 和食はもちろん、エスニックやイタリアン、韓国料理とさまざまだし、このソテーのような手軽な家庭料理もある。アルパカワインは、くせがなくてどんな味にも合うから、ワイン選びで悩まなくていいんですよね。たとえばこの『アルパカ・カベルネ・メルロー』は、赤だからといって、肉にかぎらず、あえてキリッと冷やして魚料理に合わせるのもおすすめです」。さらに、ソテーに合わせて作ったトマトのサラダは、すりおろした玉ねぎで作るドレッシングが絶品。トマトと玉ねぎの絶妙な組み合わせが果実味のある「アルパカ・カベルネ・メルロー」はもちろん、コクのある白の「アルパカ・シャルドネ・セミヨン」にもよく合います。おうちごはんの時間をもっと楽しく外出する機会が減り、家での食事がよりいっそう楽しい時間になったとコウさんは続けます。「家族といっしょに夕ごはんを食べながら飲むお酒が、唯一の楽しみと言ってもいいくらい(笑)。気取らず、かしこまらず、気軽に飲めるアルパカワインは、日々の食卓にちょうどいいと思っています」。アルパカワインは、今回料理に合わせた2種のほかにも、ぶどうの品種やプレミアム、スパークリングなどの違うタイプがそろっています。「友人をよべるようになったら、赤だけ集めて飲み比べてみたいです。手ごろな価格だから、気がねなくできますよね。ピノ・ノワールってこんな味なんだ、シラーはこうなんだって、みんなでワイワイ楽しみたいです」。コウ ケンテツさんがアルパカワインに合わせて作ったおかず鶏肉となすとパプリカのガーリックしょうゆソテー レシピはこちら>>気軽に楽しめるポイント3「今回のにんにくしょうゆ味のソテーはもちろん、スパイシーなエスニックな料理もいいし、おだしのきいたやさしい和のおかずにも合います。いつものごはんを作って、気軽にワインを楽しめるのがいいな、と」。特別なごちそうではなく、ふだんの食卓でも楽しめる万能なワインです。便利なスクリューキャップスクリューキャップなので、ワインオープナーは必要ありません。いつでも開け閉めできるうえに、残ったらさっと閉めて冷蔵庫に入れておくこともできます。「デイリーに飲むなら、これくらい気軽なワインがいいですね」。グラスも、脚のないカジュアルなふだん使いのものでいいのです。「アルパカのシンプルなイラストが目を引くので、店頭でもすぐ見つけられます」。チリワインを表現したラベルも特長です。寒暖差のあるチリでは、凝縮された果実味の深いぶどうが育つことから、名門ワイナリーがたくさん。お店でパッと目につくアルパカ印は、おいしさのあかしなのです。
左/サンタ・ヘレナ・アルパカ・カベルネ・メルロー(チリ)
750ml 734円(税込み)参考価格
2種のぶどうの持ち味を生かした芳醇な味わい。熟したブラックチェリーやカシス、プラムの果実味とまろやかなこくが特長の赤ワイン。

右/サンタ・ヘレナ・アルパカ・シャルドネ・セミヨン(チリ)
750ml 734円(税込み)参考価格
フレッシュで豊かな果実感とこくのある味わいが特長。なめらかさもある辛口の白です。


料理研究家 コウ ケンテツさん
1974年大阪府生まれ。料理研究家。旬の素材を生かした手軽でおいしい家庭料理を提案しつづけている。30カ国以上を旅して学んだ世界の料理の知識を生かしたレシピも人気。テレビや雑誌、講演会など幅広く活躍している。2020年3月末に開設したYouTube公式チャンネル「Koh Kentetsu Kitchen」は登録者数75万人を突破(2021年4月現在)。1男2女の父親として育児にも奮闘している経験をもとに、親子の食育や男性の家事・育児参加、食を通してのコミュニケーションを広げる活動にも力を入れている。

YouTube「Koh Kentetsu Kitchen」 bit.ly/3dMrkeV
Instagram @kohkentetsu

商品に関する問い合わせ先
アサヒビールお客様相談室 0120-011-121

料理/コウ ケンテツ 撮影/寺澤太郎 スタイリング/久保百合子 取材・文/晴山香織

SHARE