close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

『オレンジページ』に掲載しきれなかった商品裏話やWEB通販先行販売商品、
キャンペーンのお知らせなど、ここでしか読めない情報を随時お届けしていきます!

『オレンジページ』に掲載しきれなかった商品裏話やWEB通販先行販売商品、キャンペーンのお知らせなど、ここでしか読めない情報を随時お届けしていきます!

肉がとびきり上手に焼ける「ほどよい重みのフライパン」

2022.09.14

こんにちは! 通販担当Sgです。

鍋はアルミやステンレス製の軽いものを気軽に使うのが好き。ただ、フライパンはある程度の重みがあるほうが安心するときもあります。

そもそも、軽量タイプでも直径26cmのフライパンに食材を入れてあおる腕力がない……。それなら少々重くても、「肉のソテーや野菜のグリルに焼き目がつきやすい」のを選ぶポイントにしようかと。

料理家の榎本美沙さんに、「バージョンを変えながら、5年以上使い続けています」と推薦いただいたのが、「マイヤーのフライパン」。ちょっと重めのフライパンです。


底の厚い熱伝導のよいステンレス製だから、シンプルな「鶏もも肉のソテー」がとびきりのごちそうに! へらで押さえながら焼くと、皮はパリッパリ、中はジューシーに焼けます♪ ポークソテーやローストビーフも上手に焼けますよ。


深さが約5cmあるので、野菜たっぷりの炒めものも炒めやすい~。トマト煮やクリーム煮などの洋風煮込みや、和風の煮ものも作りやすく、ほぼ毎日活用しているとか。


内側がフッ素樹脂加工だからお手入れもラクチン! 榎本さんは収納せずにキッチンにつるしていますが、出しっぱなしに様になるスタイリッシュさもお気に入りだそうです。底面のピカピカがプロ仕様っぽい!


もちろん、焼き目をあまりつけたくない薄焼き卵や、表面をむらなく焼きたいパンケーキもおまかせあれ!  フッ素樹脂加工の特性を生かし、きれいに作れます。


「もう重い調理道具から卒業したい!」と思いつつも、フライパンは重めの安定感のあるものにひかれています。キッチン道具の好みって変わりがちですよね……。

【商品について詳しくはこちら】
スターシェフ3 フライパン26cm

料理・スタイリング/榎本美沙 撮影/宗田育子 文/通販担当Sg

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
09/06~09/26

【メンバーズ限定プレゼント】だしの香る「しゃぶ鍋スープ」新味4種をセットで!