close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

『オレンジページ』に掲載しきれなかった商品裏話やWEB通販先行販売商品、
キャンペーンのお知らせなど、ここでしか読めない情報を随時お届けしていきます!

『オレンジページ』に掲載しきれなかった商品裏話やWEB通販先行販売商品、キャンペーンのお知らせなど、ここでしか読めない情報を随時お届けしていきます!

使い飽きない「いちょうの木のまな板」がすごい!

2022.01.19

「白いご飯やみそ汁」や「甘辛味のおかず」など、料理には「毎日食べても飽きない味」がありますが、キッチンアイテムにも「使い飽きない道具」があると思います。
 
それが、この一枚板を切り出した美しい木目の「いちょうの木のまな板」

このまな板で「小刻みに包丁を動かすねぎの小口切り」を試してみると、その使いやすさにとても驚きました! 木の質に弾力があり、包丁が吸いつくようにトントンとリズムよく動き、何とも気持ちがいい~♪ 大量の薬味を刻んだって、腕が疲れることがなさそうな軽快さ。


皮がすべりやすい鶏もも肉の切りやすさにも感動! このまな板はコンパクトサイズで比較的軽いのですが、厚みが2.5cmあるから安定感は抜群です。分厚い鶏肉の皮もすべることなく、余計な力を入れることなく身が切れます。


さらには堅いハード系のパンをパン切りナイフで切る際も、いちょうの木の柔らかさが刃を受け止め、刃を傷めにくいともいわれます。


昔から「いちょうの木のまな板」が料理人に愛されてきたのは、これらが理由なんですね♪

自然の木の形を生かした長方形のフォルムは「ザ・まな板」感がなく、タルトやケーキを切り、そのままプレートにして食卓に出しても様になります。

側面に刻まれたアルファベットの「F」はキッチン用品専門店として名高いフライングソーサー、「W」は良質な木製品を次々と生み出す岐阜県の木工メーカー、ウッドペッカーの頭文字。2社のこだわりがつまったまな板なのです。

木のまな板のいちばんの困りごとは、カビや汚れが目立ってしまうこと。そんなときは「ウッドペッカー」に削り直しを依頼すると、職人が「一枚かんな」できれいな状態に削ってくれます。費用は送料別で「税込1000円」と依頼しやすい価格ですよ。
(※下の2枚はいちょうの木の別バージョンのまな板の画像のビフォー&アフター)


 
「使いにくい」は論外としても、毎日使う道具だからこそ「使い飽きない」はとても大切。そんな毎日の台所仕事に寄り添い、手当てしならが長もちさせると、道具に愛着が持てますよね。

【商品について詳しくはこちら】
フライングソーサー いちょうの木のまな板

撮影/よねくら りょう(写真1~5枚目) 撮影協力/フライングソーサー 文/通販担当Sg

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ