close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

『オレンジページ』に掲載しきれなかった商品裏話やWEB通販先行販売商品、
キャンペーンのお知らせなど、ここでしか読めない情報を随時お届けしていきます!

『オレンジページ』に掲載しきれなかった商品裏話やWEB通販先行販売商品、キャンペーンのお知らせなど、ここでしか読めない情報を随時お届けしていきます!

小さな名品、ビクトリノックスの「トマト・ベジタブルナイフ」

2022.01.11

薄ーくスライスされたトマトって、それだけでごちそう!
ただ、よく切れるナイフでないと、5mm以下にきれいにスライスするのは至難の業ですよね。そこでおすすめなのが「トマト・ベジタブルナイフ」。細かい波状の刃が柔らかいトマトの表面を確実にとらえ、すばらしい切れ味でミリ単位のスライスも思いのまま♪

よく切れることの証としてトマトがいちばんわかりやすく、商品名になっているのだと思いますが、もちろんトマト以外にもめちゃくちゃ便利に使えます!

●トマトだけじゃない! お菓子やパン、かたまり肉まで美しく切れる





つぶれやすいふわふわのシフォンケーキや、切り口をきれいに見せたいボリュームサンドイッチ、はたまた堅いバゲットの表面にも、波刃がザクッと入るので、力を入れることなくきれいに切り分けられます。薄~くスライスしたいローストビーフだってこの通り!


もちろん果物の皮むきも。グリップが手にフィットして小回りがきくので飾り切りや、栗の皮むきにも◎。

●コンパクトで先が丸いからテーブルナイフにも



先が丸いので、テーブルナイフとしてもおすすめ。切り分けたり、ソースやディップをとって塗るのも得意です。飲食店でカトラリーとして使われているくらいです。コンパクトで持ち運びもしやすいので、キャンプやバーベキューに持っていくのにも便利です。

●世界中で愛されるビクトリノックスの製品


1884年にスイスで設立した「ビクトリノックス」。アウトドア用のコンパクトな多機能ツールをはじめ、質のよいキッチンナイフにも定評があるメーカーです。社名は、創業者カール・エルズナーの母親の名「ビクトリア」とフランス語でステンレス鋼を表す略語「INOX(イノックス)」の組み合わせ。


この「トマト・ベジタブルナイフ」は、家庭ではもちろん、パンやケーキの専門店の厨房でもよく使われていて、調理のプロにも愛されるナイフの名品! 丈夫で食洗機もOK、お手ごろ価格なのも魅力なので、ぜひ一度、使ってみてください。

撮影/sono(bean) 文/通販担当・ヒラオ

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
1/11(火)~1/24(月)

バスミルク、立体マスクをプレゼント!