close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

調湿・抗菌機能が頼りになる! 「経木(きょうぎ)」のある暮らし、始めてみませんか

2021.12.24

木を紙のように薄く削って乾燥させた、日本伝統の梱包材「経木」。調理や盛りつけに便利で、とくに保存においては他の素材にはない機能性を発揮します。人にも環境にも優しい、昔ながらのこのアイテムを今こそ見直してみませんか。

●調湿・抗菌機能で味と鮮度をキープ! 保存やおべんとうに便利



木には調湿作用があり、なかでもアカマツは抗菌性が優秀! 経木で包むことで食材の味と鮮度がキープされるのです。肉や魚のドリップを適度に吸ってくれて、冷蔵はもちろん冷凍にも使えます。とくにおすすめしたいのが、パンの冷凍保存に使うこと。ほどよく調湿してくれて、おいしさが長もちするんですよ。


経木の使い方で定番中の定番なのは、やはりおにぎりを包むことでしょうか。ラップを使わずとも乾燥を防いでくれます。包む前に経木をさっと湿らせてから使うと、ご飯粒がくっつかなくてよいみたい。


また、お弁当の仕切りや、くるりと円すい状に巻いておかずカップに使っても。余分な水分や油分をほどよく吸ってくれて、見た目も◎~!

●薄くて軽くて柔らかいので落しぶたや調理に活躍



薄くてほどよい柔らかさなので、落としぶたとしても便利。素材の形に添いやすく、煮汁がよく回ります。軽いから、煮くずれしやすい食材にも気がねなく使えますよ。



煮魚を作るときは、鍋底に敷くと、少ない煮汁でも焦げつきを防げます。煮終えたら経木ごとそのまま盛りつければ、くずれる心配もありません♪


せいろや蒸し器に敷けば、ふたを開けたときにふわりと木の香りが漂います。丈夫なので、食材ごと持ちあげてそのまま器に盛ることも可能。せいろや蒸し器が汚れにくくなり、お手入れもラクといいことづくし! また、肉や魚を切るときにまな板に敷けば、清潔を保ってスマートに作業できます。

●好みのサイズにカットして盛りつけにも



経木は、水分だけではなく、油も吸ってくれます。揚げものや油分の多い料理に敷けば、器も汚れず、見た目もおしゃれ!


好みのサイズにカットしておくと、とても便利です。油分の多い料理だけでなく、焼き菓子や大福などくっつきやすいものに敷いても。

●環境にも人にも優しいサステナブルなアイテムです



ご紹介している経木は、「信州経木Shiki(しき)」のもの。信州・伊那谷(長野県伊那市)に本社を構え、地域の森林資源を使って、森と暮らしを好循環させてつないでいくことを目指しているメーカーです。使用しているのは、長野県南部の盆地・伊那谷のアカマツのみ。アカマツは伊那谷の地域材で、この経木は伐採から加工まですべて伊那谷で行われています。添加物はいっさい不使用と、こだわりの加工です。

【商品について詳しくはこちら】
信州経木Shiki(しき)

文/通販担当・ヒラオ

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
1/24~2/13

管理栄養士たちが栄養素を厳選して開発した「肌育ミスト」をプレゼント!

  • #美容