close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

『オレンジページ』に掲載しきれなかった商品裏話やWEB通販先行販売商品、
キャンペーンのお知らせなど、ここでしか読めない情報を随時お届けしていきます!

『オレンジページ』に掲載しきれなかった商品裏話やWEB通販先行販売商品、キャンペーンのお知らせなど、ここでしか読めない情報を随時お届けしていきます!

卵ラバーに捧ぐ! 液だれしない片口ボール

2021.08.31

かき混ぜた卵液を注ぐとき、ちょろりとたれて指やガス台を汚してしまうこと、ありませんか?
もー、それが嫌で嫌で(笑)。
卵は、すぐ拭き取らないと固まるしね。
うっかりカピカピにさせようものなら、なかなか取れないしね。

そんな「ちょいイラ」を解決してくれたのが、プロの料理人やオレンジページのスタッフにも愛用者の多い、この片口ボール。ちょいとお値段が張りますが、それは金物の名産地・新潟県燕市の職人技によるものゆえ。他にはないサイッコウの切れ味なんです!

●細く、均一に注げて液だれしない



たとえば、かきたま汁を作るとき。箸を使わなくても、細く、均一に注げるので、美しく、ふんわりと仕上がります。もちろん卵焼きを作るときも、少量ずつ思った量だけキリッと注ぐことができます(気持ちイイ!)。ドレッシングを繊細にかけたいときにも便利。また、細いびんに移し替えるときもじょうごを使わずに注ぎ入れることができます。液だれしない人生、ブラボー!

●安定感があり、混ぜやすい


高台がついているので、置くときにもかき混ぜるときにも安定感があります。深さもほどよく、縁が内側に巻いて処理されているため勢いよく混ぜても液体が飛び出しにくいのもいいところ。内側に目盛りがついているのも便利です。

●たぶん一生使えます



こちらは私物なのですが、この片口ボールを愛用してかれこれ十数年が過ぎました。卵に限らず「混ぜて注ぐ」ものなら、とにかくこれを手に取ってしまいます。

毎日のように使ってきたのでかなり年期が入ってますが、じょうぶで、ゆがみやぐらつきもなく、今のところ壊れそうな気配はまったく無し。たぶんこのまま一生使えてしまうのではと思ってます。卵の液だれにお悩みのかた(笑)、これはおすすめですよー!

【商品について詳しくはこちら】
片口ボウル

撮影/澤木央子(1、2枚目) 文/通販担当・ヒラオ

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ