close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

『オレンジページ』に掲載しきれなかった商品裏話やWEB通販先行販売商品、
キャンペーンのお知らせなど、ここでしか読めない情報を随時お届けしていきます!

『オレンジページ』に掲載しきれなかった商品裏話やWEB通販先行販売商品、キャンペーンのお知らせなど、ここでしか読めない情報を随時お届けしていきます!

いざというとき役に立つ! 防災的手ぬぐいの使い方10選

2021.08.27

日本の伝統的な生活用品「手ぬぐい」。

結んだり縛ったり、包んだり拭いたり。
汚れて洗ってもすぐに乾いて衛生的。
じょうぶで、ちょっとやそっとじゃへこたれません。

家じゅうの水まわりで活躍するのはもちろん、アウトドアにも愛用者が多いのはうなずける話。そんな実用的な手ぬぐいは、防災的観点からも必携アイテムなのです。いざというときの使い方を10通り、ご紹介します。



●1.三角きん代わりに


子どもや小柄な人向き。体の大きな人は
手ぬぐいを2本つないで。

●2.のぼりに


面積があるてぬぐいは、
想像以上に目立つ目印に。

●3.添え木の固定に


骨折やねんざなどの応急措置に。
手ぬぐいを細く裂けば包帯にも。

●4.ストレッチに


ときどき体をほぐすと、頭も心もすっきり。
手ぬぐいを持って行うと効果的。




●5.バッグ代わりに


対角線の角どうしを結ぶと
重いものや細かいものも運びやすい。

●6.カバーや目隠しに


大切なものにかけておいたり、
見せたくないものを隠すことも。

●7.マスクに


ほこりや細菌、ウィルスを避けるだけでなく、
ノーメイクもごまかせる。

●8.細かく裂いてロープに


災害時になにかと使えるロープ。
なくてもあわてず、作ってみよう。

●9.体を拭く


お風呂に入れないときも、
ぬらした手ぬぐいでさっぱりと。

●10.おむつに


余っているタオルや肌着類を切って
手ぬぐいでおおえば、即席おむつに。

オレンジページ通販では、これらの使い方を手ぬぐいにプリントしました。困った時に、すぐに思い出せるように! イラストは、加納徳博さんに描いてもらいました。

役に立つ日は来ないほうがよいですが、備えておくと安心◎。
大切な人へのちょっとした贈り物にもおすすめです♪

【商品について詳しくはこちら】
防災お役立ち手ぬぐい

撮影/田邊美樹 イラスト/加納徳博 文/通販担当・ヒラオ

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ