close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

『オレンジページ』に掲載しきれなかった商品裏話やWEB通販先行販売商品、
キャンペーンのお知らせなど、ここでしか読めない情報を随時お届けしていきます!

『オレンジページ』に掲載しきれなかった商品裏話やWEB通販先行販売商品、キャンペーンのお知らせなど、ここでしか読めない情報を随時お届けしていきます!

やっぱりおいしい! そして使うたびに愛着がわく「鉄のフライパン」

2021.06.29

このたびオレンジページ通販に、シェフからの信頼が厚い、業務用厨房用品メーカーの鉄製フライパンが新登場! 熱伝導性のよい鉄は、肉や魚を絶妙に焼き上げ、目玉焼きや野菜のシンプルなソテーも驚くほどおいしく仕上がります。

●美しい焼き目はおまかせ



焼き色がつきにくいフッ素樹脂加工と違い、しっかりと焦げ目をつけられるのは鉄製ならでは。フレンチトーストもお店のような仕上がりに。


個人的には、目玉焼きを作るときは鉄のフライパン、と決めています。黄身は半熟、白身はぷりぷりに、縁はカリっとさせたいという、自分好みの焼き加減にするには、熱が均一に回る鉄のパワーが必須なのです。最初にフライパンをよーく熱するのがポイント。卵をジュッと割り入れ、白身がカラカラと沸き立つあの音がすると、なんだか料理上手な気分に!(笑)


もうひとつ、鉄ならではのパワーを実感するのは、やはりじゃがいも。感動的にホクホクに焼くことができますよ! この美しい焼き目がプロっぽい♪

●頑丈だから強火でガンガン使える



5年先、10年先まで使い続けられる耐久性も自慢です。金属へらも気がねなく使えますし、もちろん強火でガンガン使用してOK! 持ち手が熱くなることだけは気をつけないとですが、だからこそ長く使えると思えば納得です。繰り返し使うことで風格が出て油なじみもよくなります。使い込んだフライパンって、かっこいいですよね~! 

●お手入れは思ったよりもカンタン!



使い終わったあとは洗剤をつけてたわしで洗い、完全に乾いたら、食用油を薄く塗って保管します。

これはあくまでも個人的な使い方ですが、洗剤を使わずに水とたわしでごしごし洗い、から焼きして水分を飛ばし、冷めたらしまっています。洗剤を使わないことでほんのり油が残っている感じ?(笑) 毎日のように使っていると、そんな使い方でも快適です。鉄のフライパンは扱いがむずかしい、と思ってらっしゃるかたが多いかもですが、慣れてしまえば、ラクですよ~。

【商品について詳しくはこちら】
キングパン

撮影/三村健二 文/通販担当・ヒラオ

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ